MarkeZine(マーケジン)

記事種別

フジTV、モバイル仮想空間「おたいぱタウン」公開前に出展企業を募集

2008/06/30 13:10

 「おたいぱタウン」は、株式会社メディアグルーヴが開発したモバイル向け仮想空間「ちぷやタウン」発展させたもの。フジテレビを中心とするお台場をモデルにした街には、アバターアイテムやデコメ素材を購入できる「店舗」、企業がイベントを開ける「イベントスペース」などが並ぶ。フジテレビジョンはサービス開始を前に、出展企業を募集している。

フジテレビを中心とした「おたいぱタウン」

 「おたいぱタウン」はFlashベースで制作されているため専用のアプリは不要。 ユーザーは自分のアバターを使ってチャットをしたり、ポイントでアバター用の服やデコメ素材などを購入することができる。また、パソコンでオリジナルのアイテムやデコメ素材を製作し、店舗で販売することも可能。

 メディアグルーヴが展開する「ちぷや(渋谷)タウン」は、10代、20代の女性ユーザーの支持を受け、10万人規模のユーザーを獲得。月間PVも1億に迫る勢いになっているという。両社は「ちぷやタウン」の会員も「おたいぱタウン」へ誘導し、利用促進を図る。

【関連記事】
・フジTVの人気番組「料理の鉄人」が米国でアニメ化
【復習企画】いまさら聞けない、モバゲータウン儲けのしくみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5