SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客と「近く・長い関係」になるには?ヤッホーブルーイングとていねい通販に学ぶ考え方【参加無料】

 MarkeZineは、2023年9月5日(火)~6日(水)に「MarkeZine Day 2023 Autumn」をオンラインで開催する。

 6日の15時20分から行うセッション「ヤッホーブルーイングとていねい通販に学ぶ、ファン化につながるコミュニケーション設計」には、ヤッホーブルーイングの佐藤潤氏、ていねい通販を展開する生活総合サービスから戸田良輝氏がパネリストとして登壇。D2C事業の支援を展開するペンシルの関氏をモデレーターに、ディスカッションを行う。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 昨今D2Cビジネスが盛り上がりを見せる中、流通を挟まない事業構造のみが独り歩きするケースや顧客との関係構築を蔑ろにしたままメディアハックによるスケールを目指すケースが散見され、メーカー事業者が顧客に体験を届け、ブランドを確立する取り組みとしての意義が希薄化している。顧客とのダイレクトなコミュニケーションに企業は何が求められ、何を目指すべきだろうか?

 本セッションでは、独創的なアルコール飲料とイベントを中心とした密着度の高いコミュニケーションで多くの熱狂的なファンを獲得するヤッホーブルーイング、オリジナル商品の販売とその名の通りのていねいなコミュニケーションで顧客と息の長い関係を構築している「ていねい通販」の生活総合サービスがディスカッション。

 「そもそもファンとはどのような顧客なのか?」という前提の考え方から、注視する指標や具体的な取り組み、昨今の生活者の変化に対する想いまで語り合い、ファンづくりにつながる体験設計のヒントを共有する。

 D2C事業に携わるマーケターやCRMに取り組むブランド担当者におすすめのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2023 Autumn
登壇セッション:ヤッホーブルーイングとていねい通販に学ぶ、ファン化につながるコミュニケーション設計

登壇者:

株式会社ペンシル
D2C事業部 ゼネラルマネージャー
関 洋祐氏

株式会社ヤッホーブルーイング
よなよなピースラボUnit(CRM設計・CXデザイン) Unit Director
佐藤 潤氏

株式会社生活総合サービス(ていねい通販)
経営管理部 リーダー/ブランド企画部 リーダー
戸田 良輝氏

日時:2023年9月6日(水)15:20~16:00
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/04 08:30 https://markezine.jp/article/detail/43282

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング