SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ビジネスパーソンの必須科目「データビジュアライゼーション」

【vol.1】データからわかる情報を読み解きやすくする「データビジュアライゼーション」とは?


 分析結果を次のアクションに繋げるためには、データを読み解き、そこから示唆を得る工程が大切です。その時、カギになるのが、データからわかる情報を読み解きやすくする「データビジュアライゼーション」です。この記事では、サイカでマーケティングコンサルタントとして活動する志水さんが、Excelを用いて誰でも実践できるデータビジュアライゼーションのノウハウを解説。データビジュアライゼーションの基本的なポイントを押さえれば、より説得力のある資料を簡単に作成することができるようになります!

データビジュアライゼーションとは?

 データビジュアライゼーションとは、数値のみでは確認しにくい変化や関係性、現象をグラフやチャート、図、表などを用いて表現することです。要は、データをビジュアル化してあげることで、数値の変化や差異を視覚的に瞬時に認識できるようになります。

 社内でも社外でも、データを基に議論をしたり、プレゼンをしたり、コミュニケーションする場は幾度となくあるでしょう。そんな時、データビジュアライゼーションを取り入れると、データから読み解ける情報をわかりやすく伝えることが可能になります。

 データビジュアライゼーションによる、メリットは大きく次の2つです。

1.受け手の認知コストを削減できる

 データを視覚化し、情報を簡潔に伝えることで、受け手の認知コストを削減できます。 たとえば、売上の推移をただ数字で見せられても、受け手は頭の中でグラフを描き、傾向をイメージしなければなりません。この時、受け手には想像以上の負荷がかかります。既に実践されている方も多数いらっしゃると思いますが、変化を一目で理解できるグラフにすることで、受け手の認知コストを大幅に削減することができます。

データを視覚的にわかりやすくし、情報を簡潔に伝える
データを視覚的にわかりやすくし、情報を簡潔に伝える

2.受け手の信頼を得やすくなり、意思決定意欲の向上に繋がる

 わかりやすく美しいグラフは、数値や文字だけの情報と比べて、受け手の印象に残りやすく資料全体の説得力を底上げします。伝えたいことをグラフデザインで適切に伝えることができれば、新たな提案を納得させる強い材料になります。

 つまり、グラフのデザインは、信頼の獲得や、意思決定意欲の向上に直結していると言えます。

 とはいえ、どんなグラフが良いグラフなのか、わかりやすいグラフとは具体的にどのようなポイントを押さえたものなのか、意外とよく考えたことがない方も多いかもしれません。次のぺージでは、データビジュアライゼーションの基本のキとして、優れたグラフの特徴を解説します。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
優れたグラフの特徴

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビジネスパーソンの必須科目「データビジュアライゼーション」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

志水 裕亮(シミズ ユウスケ)

株式会社サイカ カスタマーサクセス統括部 MAGELLAN部 MAGELLAN2課 課長 兼Consulting部 マーケティング戦略コンサルタント新卒で大手企業向けソフトウェアを提供するITメガベンチャーへ入社し、営業・コンサルタントとして、ソフトウェア活用促進に向けたコンサルティングを提供。20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/27 10:15 https://markezine.jp/article/detail/43566

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング