SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TOPPAN、ユーザーの曖昧な感覚をもとに商品をレコメンドできる診断型サイネージの提供を開始

 TOPPANホールディングスのグループ会社であるTOPPANは、診断型サイネージ「ニュアンスレコメンダー」の提供を開始した。

 同製品は、横に細長いサイネージ上に質問と回答を同時に表示。ユーザーが質問の回答のより近いほうに指をスワイプすることで、曖昧なニュアンスを直感的な操作で入力できる。これにより、「Yes/No」の2択だけでなく回答にかかった時間やスワイプの速度など複数の要素を加味して、商品のレコメンドを行うことができる。

 またサイネージの形状が横長のため、商品棚などの近くに設置することが可能。サイネージの回答結果がそのままレコメンド商品を指し示すこともできる。

【関連記事】
TOPPANとVESS Labs、イベントのデジタル参加証サービスを開発 コミュニティ形成などを支援
凸版印刷、持株会社体制の移行に向け商号を「TOPPANホールディングス」に決定 事業領域の変革を推進
凸版印刷と福岡地所、palanが共同でWebARを活用した地域活性化の実証実験を開始
凸版印刷とNEW STANDARDが提携、MZ世代向けに新たなマーケティングサービス開発を目指す
凸版印刷、D2C事業支援サービスを提供開始 事業参入に向けた早期立上げや施策の実行を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/16 07:45 https://markezine.jp/article/detail/44117

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング