SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷と福岡地所、palanが共同でWebARを活用した地域活性化の実証実験を開始

 凸版印刷と福岡地所、palanの3社は2023年8月1日(火)~31日(木)、地域の活性化と観光客の回遊促進を目的とした実証実験を行う。

 同実験では、福岡市民または観光客がスマートフォンを使用して、福岡市内の商業施設「キャナルシティ博多」およびその周辺施設を結ぶルート上の目印を読み取ると、風景の上にコミックが表示され、次の目的地に誘導。道中の各スポットで連続したストーリー性のあるコンテンツを表示することで、目的地までの回遊促進効果を検証する。

 凸版印刷が全体管理やARコンテンツの製作、検証作業を担当。福岡地所は実証フィールドを提供し、PalanはWebAR作成ツール「palanAR」を提供し、運用する。 

 今後、同実験の結果を踏まえて、観光地や商業施設周辺エリアにおける利用者の回遊を促すサービスを展開する予定。また、交通機関などとの連携により、より広域での回遊促進を行うサービスの構築も目指す。

【関連記事】
凸版印刷とNEW STANDARDが提携、MZ世代向けに新たなマーケティングサービス開発を目指す
凸版印刷、D2C事業支援サービスを提供開始 事業参入に向けた早期立上げや施策の実行を支援
凸版印刷、デジタルチラシ製作サービス「未来のチラシ」に個人最適化された特売のレコメンド機能を追加
凸版印刷とハートコアが協業、企業が持つコンテンツを一括管理可能なプラットフォームを提供
凸版印刷とエイスリーが協業、実在人物を元にしたバーチャルヒューマンのキャスティング事業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/25 07:15 https://markezine.jp/article/detail/42822

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング