SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カンター、2024年版・日本のブランド価値トップ50発表 TOYOTAが首位継続、ユニクロは26%増

 カンターは、ブランドの業績への貢献を定量化するKantar BrandZのレポート「BrandZ Top 50 Most Valuable Japanese Brands 2024(日本のブランド価値トップ50)」を発表。137のカテゴリーにおける1,833のブランドについて、68,000人以上の回答者の意見をもとにランキングを作成した。

 同レポートによると、日本で最も価値のあるブランドのブランド価値は合計で2,259億ドルとなった。またランキングの多くを通信事業者と自動車ブランドが占めた。

 1位は、2023年版に続きTOYOTAに。同社は285億ドル以上のブランド価値を持ち、全体の12.6%を占める。またカンターのグローバル・トップ100ランキングでも62位に入り、グローバル・トップ10自動車ブランド・ランキングでは2位に位置する。

 2位はNTT(229億ドル)が、3位にはSONY(202億ドル)がランクイン。4位はユニクロ(137億ドル)となり、ブランド価値は前年比で26%増加した。

Kantar BrandZ 2024年 最も価値ある日本ブランドのトップ10

 またGU(33位、16億円)とアシックス(42位、12億円)の2つのアパレルブランドが新たにトップ50に加わった。小売り部門では、卸売業の業務スーパー(36位、15億ドル)が初めて50位以内に入った他、ローソン(49位、9億3,200万ドル)が再びランクインした。

【関連記事】
Webマーケティングの古びない基本知識も、今欠かせないトレンド知識もまるっと学ぶ集中講座【来週開催】
ブランド価値、アップルがトップを維持/テクノロジー系が最もシェアを占める【カンター・ジャパン調査】
トヨタが連続で首位獲得/WPPとカンターが2021年度「日本のブランドランキング」トップ50を発表
Z世代の消費価値観/価格よりもブランド価値重視の傾向【テテマーチ調査】
消費者に最も好まれている広告のグローバルメディアブランドはAmazon【KANTAR調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/30 13:00 https://markezine.jp/article/detail/44118

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング