SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Pinterest が2024年の注目トレンド予測を発表、注目キーワードは「おじコーデ」「クラゲ」?

 Pinterestは12月7日、来年のトレンドを選出したレポート「Pinterest Predicts」を発表した。毎年発表されるPinterest Predictsレポートは、Pinterest上でのユーザーによるキーワード検索行動を分析し、2024年に人気上昇が予想される注目トレンドを見つけ出すもの。

 Pinterestのトレンド予測モデルは、月間4.5億人以上の世界中のPinterestユーザーによる何十億もの検索結果を分析したものだ。新たな機械学習テクノロジーを使い、データパターンを特定。そのインサイトをまとめた先取りレポートであるPinterest Predictsから制作されている。

 2023年の "マッシュ" ルームや 2022年のドーパミン・ドレッシングのトレンド到来を過去に予測するなど、4年連続でトレンド予測の80%が的中していることから、Pinterest Predictsは多くのユーザーや広告主に活用されている。

 以下では、2024年に到来するであろう23のトレンドのうち5つを紹介する。

「おじコーデ」

  「新しさ」と「若さ」に象徴されるファッション業界は間もなく、レトロでマニッシュな「おじコーデ」に原点回帰する。レトロなワッペンやジュエリー、シックなセーターやカーディガンなど、Z世代やベビーブーマー世代で検索数の伸びをリードしているのが「おじいちゃんスタイル」、「古着ミックス コーデ」、「レトロ ストリートウェア」となっている。

「クラゲブーム」

 インテリアやファッション、美容アイデアまで、2024 年はクラゲにインスピレーションを受けたふにゃふにゃスタイルがブームに。Z世代とミレニアル世代が「クラゲ ランプ」「クラゲ 帽子」さらには「クラゲヘア」を検索している。

「キッチュン」

 来年のX世代やベビーブーマー世代は、ヴィンテージ家電やレトロピンクのような色など、キッチュなものでキッチンを大胆に飾るだろう。伝統的なカントリー風キッチンはトレンドから後退し、キッチュでカラフルなキッチンが主流になりつつある。

「カフェ風インテリア」

 カフェスタイルのインテリアに注目が集まる。「カフェ チョーク 看板」「カフェコーナー インテリア」などを検索して、おうちでカフェの雰囲気を満喫する人が増えている。

「ビッグアイテム」

 2024年は、一回り大きく、大胆に、ふくらみのあるスタイルが人気に。ミレニアル世代と Z世代は、フワッとしたヘアスタイルに似合う、オーバーサイズで豪華なスタイルを選んでいるようだ。

 他のトレンド予測キーワードは以下の通り。

  • 「アクアメイク」
  • 「リボン・リボン」
  • 「バドミントンスタイル」
  • 「グルービー・ウェディング」
  • 「余り物に福」
  • 「とろける組み合わせ」
  • 「トロピカルムード」
  • 「つや肌ボディ」
  • 「スローケーション」
  • 「本音トーク」
  • 「ミニ・マイルストーン」
  • 「ウェスタン ゴシック」
  • 「ジャズ・リバイバル」
  • 「ホームアクアリウム」
  • 「ファイティング・ワークアウト」
  • 「お金も可愛く」
  • 「オフロードトラベル」
  • 「ホットメタリック」

 その他、Pinterest Predicts 2024のトレンドの詳細は公式サイトで確認できる。

【関連記事】
Z世代が選ぶ2023年トレンド大賞、1位は「ChatGPT」【seamint.調査】
日経BP、「トレンドマップ2023下半期」を発表 リテールメディアやCRM、タイパ消費がスコア上昇
Z世代のトレンド大賞8項目を発表、ショート動画からの流行が顕著/SHIBUYA109 lab.調査
Z世代のトレンドランキング、「ちょんまげ小僧」が急上昇で1位【LINEリサーチ】
電通グループ、「2024 メディアトレンド調査」を発表 メディア業界における10の変化要因を紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/11 14:30 https://markezine.jp/article/detail/44353

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング