SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日経BP、「トレンドマップ2023下半期」を発表 リテールメディアやCRM、タイパ消費がスコア上昇

 日経BPは、「日経クロストレンド」が作成した「トレンドマップ 2023下半期」を発表した。

 同マップは、外部アドバイザリーボード約50人の協力のもと「マーケティング」「テクノロジー」「消費トレンド」の3分野について、中長期的に注目すべきキーワードをランキング化したもの。分析結果は「現時点での経済インパクト」と「将来性」の2つのスコアでマッピングしている。

マーケティング分野のトレンドマップ(クリックして拡大)

将来性は「リテールメディア」、経済インパクトは「タイパ消費」が上昇

 2023年4月に実施した前回調査と比較して将来性スコアが伸びたカテゴリーは、マーケティング分野では「リテールメディア(アプリやデジタルサイネージなど)」「CRM(顧客関係管理)」「SDGs」だった。

 テクノロジー分野では「エドテック」「空飛ぶクルマ」「5G(第5世代移動通信システム)」、消費トレンド分野では「マルチハビテーション(複数拠点に住まいを持つ)」「移動ポイント(エコな移動によるポイント獲得)」「お一人様(一人で楽しむ焼き肉、旅行など)」となった。

各分野でスコアを伸ばしたキーワードランキング(2023年上半期調査との比較、クリックして拡大)

 また経済インパクトでは、全体でのスコア上昇率トップは消費トレンド分野の「タイムパフォーマンス(タイパ)消費」に。この他、マーケティング分野では「リテールメディア(アプリやデジタルサイネージなど)」、テクノロジー分野では「クラウド」がそれぞれ高い伸びを示した。

消費トレンド分野に「節約志向」が登場

 さらに今回の調査では、消費トレンド分野に「節約志向」を新たなキーワードとして追加。同ワードは、ジャンル別の将来性スコアランキングで10位にランクインした。

新たに追加されたキーワードの将来性スコア
新たに追加されたキーワードの将来性スコア

【関連記事】
累計800人以上が受講したMarkeZineの人気講座がオフラインで登場!【12月開催】
日経BP、「トレンドマップ 2023上半期」を発表 音声SNS・Z世代・生成AIが注目キーワードに
メタバースの活用、4割以上の企業が前向き/「アバター会議」は企業と個人で意向分かれる【日経BP調査】
日経BP「トレンドマップ2022下半期」発表!リテールメディア・タイパ消費・α世代がキーワードに
日経クロストレンド、マーケター・オブ・ザ・イヤー2023を発表 大賞は「スープストックトーキョー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/28 12:30 https://markezine.jp/article/detail/44246

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング