SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS(AD)

社内でデータ管理を一元化する実践知識を解説、『DXを成功に導くマスターデータマネジメント』発売

 MarkeZineを運営する翔泳社では、1月26日(金)に書籍『DXを成功に導くマスターデータマネジメント データ資産を管理する実践的な知識とプロセス43』を発売しました。

 データの一元管理はDXの推進やデータ活用を効率的に行うために不可欠ですが、様々な壁があって実現は簡単ではありません。全業務部門と調整や交渉をしながら業務要件を固め、データ活用基盤を設計・構築し、実際に運用しなければならず、さらにはそれができる人材を確保する必要もあります。

 本書ではデータマネジメントの普及に携わってきたデータ総研の伊藤洋一氏が、「基盤作り+組織作り+教育作り」×「DX戦略+組織戦略+M&A戦略」の切り口で、マスターデータマネジメント(MDM)を推進する原則や考え方、手法を解説。マスターデータマネジメントに必須のテーマを取り上げています。

 DXやデータドリブンを掲げる企業の心強い味方となる1冊です。

目次

第1章 なぜ、今、MDMが必要なのか
第2章 MDMの概観を掴む
第3章 共通認識構築のメカニズム
第4章 MDM基盤構築
第5章 MDMの組織作り
第6章 MDMの教育作り

2月2日(金)に刊行記念セミナー開催

刊行記念セミナー

 本書の刊行を記念して、2月2日(金)に著者の伊藤洋一氏が登壇するセミナーが開催されます。

 「データ活用を絵に描いた餅にしないための大原則とは?」というテーマで、MDMを実現するために欠かせない基盤、組織、教育について解説。データ専門コンサルタントがどのようにMDMを機能させているのか、その実際を知ることができます。

 MDMに興味がある方はもちろん、DXやデータ活用に携わる担当者、データドリブン経営を目指している方はぜひご参加ください。

セミナーの詳細を見る

【日時】
2024年2月2日(金) 17:00~18:00

【場所】
オンライン(Zoomを使用)

【参加費】
無料

【登壇者】
伊藤洋一(株式会社データ総研 シニアコンサルタントマネージャ、エグゼクティブシニアコンサルタント)

【応募方法】
特設ページから

【問い合わせ先】
株式会社データ総研 crm@drinet.co.jp

セミナーの詳細を見る

DXを成功に導くマスターデータマネジメント データ資産を管理する実践的な知識とプロセス43

Amazon SEshop その他

DXを成功に導くマスターデータマネジメント
データ資産を管理する実践的な知識とプロセス43

著者:データ総研、伊藤洋一
発売日:2024年1月26日(金)
定価:2,420円(本体2,200円+税10%)

本書について

本書では、内製化を前提に共通マスターをきちんと設計し、マネジメントできるようになるための実践的な方法を紹介しています。「データ駆動型経営」を絵に描いた餅にしないためにはどうすればいいのか、現場の担当者向けに「実現できる内容」で詳しく説明しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/26 07:00 https://markezine.jp/article/detail/44361

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング