SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

好きなハイブランド、10~20代では「DIOR」が一番人気に/LINEリサーチ調査

 LINEリサーチは、全国10〜60代の男女を対象に、一番好きなハイブランドやそのブランドを好きな理由について調査した。

10代~20代では「DIOR」、30代以上では「LOUIS VUITTON」が1位に

 まず、一番好きなハイブランド/ラグジュアリーブランドを調査。その結果、全体の1位は「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」で7.2%、2位は「TIFFANY & Co.(ティファニー)」で4.9%、3位は「BURBERRY(バーバリー)」で4.8%となった。

 最も多い回答は、「この中に好きなハイブランド/ラグジュアリーブランドはない」で、42.6%だった。

 人気のブランドを年代別に見ると、10~20代では「DIOR」が1位にランクイン。2位は10代では「CHANEL(シャネル)」、20代では「LOEWE(ロエベ)」となった。

 一方、30代以上では、どの世代でも「LOUIS VUITTON」が1位となり、特に40代以上の女性で1割超と割合が高くなっていた。

回答したブランドが好きな理由の共通項は「デザインや品質の良さ」「年齢を問わず長く使える」

 続いて、回答したブランドを好きな理由について調査。その結果、全体1位「LOUIS VUITTON」は、「年齢を問わず使える」「高級感がある」「品質がいい(素材/長く使えるなど)」が、いずれも4割弱となった。

 全体2位の「TIFFANY & Co.(ティファニー)」を好きな理由は、「デザインが好き」が圧倒的に多い結果になった。2位以降には「持っていると気分があがる・高揚感がある」「高級感がある」「親しみやすさがある」などが2割台で続いた。

 全体3位「BURBERRY(バーバリー)」を好きな理由は、1位が「デザインが好き」で47.7%、2位は「年齢を問わず使える」で32.3%、3位は「品質がいい」で24.6%となった。

画像キャプションを入れてください

 ブランドごとに好きな理由は異なるものの、デザインや品質の良さ、年齢を問わず長く使えるといった共通点が見られた。

【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
対象:日本全国の15歳~69歳の男女
実施時期:2024年5月7日~2024年5月9日
有効回収数:5255サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

【関連記事】
ビービーメディア、ハイブランドのクリエイティブ制作に特化した会社「ランベントプロダクションズ」を設立
ヤマハとヤマハミュージックジャパン、体験型店舗をオープン 顧客接点の拡大・ブランド発信力強化を目指す
Z世代が選ぶネクストブレイク俳優、「高橋文哉」「出口夏希」がトップに【LINEリサーチ調査】
10代の7割以上がショート動画を毎日閲覧 1日1時間以上見ているのは4割弱に【LINEリサーチ調査】
Z世代の流行、2024年3月期は「猫ミーム」が急上昇!男女の全年齢層で1位に【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/13 12:15 https://markezine.jp/article/detail/44687

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング