SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LIVE BOARD、DOOHの映像を立体的に見せる「裸眼3Dクリエイティブパッケージ」の提供を開始

 LIVE BOARDは、GADGETが提供する映像を立体的に見せる裸眼3Dクリエイティブ技術を屋外広告に活用した「裸眼3Dクリエイティブパッケージ」の提供を開始。また、同技術を活用したフィラーの放映もスタートした。

 裸眼3Dクリエイティブ技術は、デジタルサイネージ(屋外ビジョン・電車内ビジョンなど)と視聴者(ビューポイント)の位置関係をCG上に再現し、視野角を合わせることで錯覚を起こす「錯視効果」を応用。これにより、放映映像を立体的に見せることができる。

フィラーのイメージ
フィラーのイメージ

 同パッケージの対象はLIVE BOARDが運営する全国計32面の屋外DOOHおよび電車内ビジョンとなり、時間帯・曜日別・エリア別、天気や気温連動などターゲット層の生活動線に合わせてクリエイティブを出し分けた放映が可能だ。

【関連記事】
ドコモ、電通、博報堂DYMP、LIVE BOARDがDOOH市場の拡大を目指した協働に合意
タクシーサイネージメディア「GROWTH」、LIVE BOARDマーケットプレイスと媒体連携を開始へ
ユニークビジョンとLIVE BOARD、X上のキャンペーンとDOOHを連動できるサービスを開始
東京メトロの車内ビジョンとLIVE BOARDマーケットプレイスが接続 広告配信が全9路線に拡大
LIVE BOARD、東急線のサイネージにおける配信パッケージを平休日・時間帯別に販売へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/21 12:45 https://markezine.jp/article/detail/44948

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング