SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ホットリンク、Xのエイプリルフールに関する投稿を調査 2024年の言及数・UGC数が直近3年で最多に

 SNSマーケティング支援サービスを提供するホットリンクは、X(旧Twitter)のエイプリルフールに関する投稿について調査した。なお同調査では、リポストや返信なども含めたすべての投稿を「言及数」、リポストや返信を除いたオーガニック投稿を「UGC数」と表す。

 まず、4月1日における「エイプリルフール」「#エイプリルフール」に関する投稿数を調査。2024年の言及数は約270万件、UGC数は約65万となり、2022年および2023年のデータと比べいずれも増加した。

 次に、言及が多い時間帯を調べると、00:00前後と12:00前後に特に増加する傾向が見られた。中でも0:00ごろのタイミングが、各年で最も言及数が多くなった。

クリックして拡大

【調査概要】
対象メディア:X/Twitterデータ(10%サンプリングデータを利用、記載の数値は10倍表記)
抽出期間:2024年4月1(月)、2023年4月1日(土)、2022年4月1日(金)

【関連記事】
Googleアナリティクス4を「なんとなく使う」から、「分析・改善ができる」にレベルを上げる講座開催
ホットリンク、発売20年以上の商品を対象にブランド再想起やイメージの若返りを図るパッケージを提供
ホットリンク、2023年にXで注目されたアーティストを調査 JO1やKing&Princeが話題に
ホットリンク、wevnalのSNS広告事業と一部メディア事業を譲受へ
2022年、Twitterで話題になったアーティストは?JO1やINIが上位に【ホットリンク調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/15 16:15 https://markezine.jp/article/detail/45335

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング