SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

あらゆる顧客接点で営業機会を逃さない「Ask One」を用いた、BtoBマーケターの挑戦(AD)

フロー型データの取得に「Ask One」が欠かせない、インフォマートのデータ活用戦略と実践

 ビジネスの機会を逃さないためには、各接点における顧客との会話や行動といった細やかな情報(=フロー型データ)を確実に取得し、活用していくことが重要だ。株式会社インフォマートでは、それらのデータ収集のためにクリエイティブサーベイ株式会社が提供するマルチチャネルフォーム「Ask One」を採用。様々な部門で活用を広げている。同社マーケティング企画部部長の水谷博明氏はじめ、「Ask One」の活用に携わる皆さんに具体的な活用例や成果を取材した。

国内商取引の3分の1を担うインフォマート

――まずはインフォマート様について教えてください。

水谷:インフォマートは見積・発注・請求などの帳票系業務を軸に、商取引の様々な業務をデジタル化するサービス「BtoBプラットフォーム」を運営しています。特徴はDtoD(データtoデータ)方式でサービスを提供する点です。

株式会社インフォマート マーケティング企画部 部長 水谷 博明氏
株式会社インフォマート マーケティング企画部 部長 水谷 博明氏

 多くの帳票はPDFをメールで送ったり、紙に印刷して郵送したりしますが、当社のサービスはPDF化もしません。データを入力するだけでやり取りが完結します。当社のプラットフォーム内であれば、どの取引でも同じIDを利用できる点も特長です。

 元々は飲食業界の方々に向けたサービスでした。個人経営の飲食店様に対してパソコン購入のサポートから、キッチンの真横でシステムのレクチャーをするような泥臭いこともしてきた歴史があります。データがお客様のビジネスを変化させると信じてきた、社風としてもデータに非常に重きを置いている会社だと思います。

 おかげさまで2023年に25周年を迎え、現在では建設・物流・情報通信など幅広い業界に対してサービスを展開しています。導入企業数は日本企業のおよそ3分の1にあたる105万社、年間流通金額は約44兆円です。

ビジネスチャンスを作るフロー型データの蓄積にAsk Oneを採用

――データの重要性を知る御社が社内外・オンライン・オフラインを問わず活用できるマルチチャネルフォーム「Ask One」を導入した背景は何でしょうか?

水谷:事業力アップのためにも、マーケティングの入り口から既存顧客のデータまで一気通貫で管理できる仕組みを社内に作りたいと考えていました。管理したいデータはストック型とフロー型の2つ。ストック型は、会社の住所、担当者の部署や役職のような基本的な情報を着実に蓄積する、いわゆる企業データベースです。

 フロー型はその名の通り瞬間的に活用していくデータです。お客様や営業が行動を起こしたタイミングの記録や、各接点におけるお客様との会話から獲得する「泥臭いデータ」ですね。ビジネスの機会を逃さないためにはフロー型データが重要で、その取得にAsk Oneが有効ではないかと考えました。

Ask Oneならば、あらゆるチャネルで顧客の声を集めることができる
Ask Oneならば、あらゆるチャネルで顧客の声を集めることができる

 ゆくゆくは社内全体で活用したいと考えつつも、まずはスモールスタートで展示会オペレーションの効率化および最適化への活用を考えました。しかし、蓋を開けてみると様々な担当者が自主的にAsk Oneを活用し始めているのが当社の現状です。

次のページ
Ask Oneは新規リード創出にも、既存顧客の課題把握にも活用できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
あらゆる顧客接点で営業機会を逃さない「Ask One」を用いた、BtoBマーケターの挑戦連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:クリエイティブサーベイ株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/05 10:00 https://markezine.jp/article/detail/45436

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング