SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

ジェンダー課題を考えるきっかけをつくる──Googleが実践する、DE&Iの取り組みとは

 今、DE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)は、企業が向き合うべきテーマの一つになっている。重要性は高いものの、実際にはどういった取り組みを行えばいいのだろうか。本記事では、3月8日の国際女性デーに合わせて、Googleが行っている「#SearchForChange」の取り組みについて、Google 検索のプロダクトマーケティングマネージャーである倉田結生子氏に話をうかがった。

3月8日の「国際女性デー」に合わせ、Googleが行う取り組みとは

──昨今、DE&I(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)に関する取り組みが、日本でも少しずつ広まってきました。こうした中でも3月8日の「※国際女性デー」は、注目が浴びやすいポイントとなっています。こうした中、Googleがジェンダーに関する取り組みを行う意義について教えてください。

倉田:SNSはもちろん、ニュースや企業の中でも、ジェンダーに関する話題に注目が集まる機会が増えています。このような会話が多様化・細分化する中で弊社では、より多くの人が理解を深め、社会を良い方向に変えていくきっかけ作りをしたいと考えました。

 弊社としてはまず、Googleが提供する検索という身近なアクションを通じて、知らない言葉や異なる立場の視点などを「知る」こと。そして調べることへの「きっかけ」を作ることを目指しています。知ることは、変わることの第一歩です。そこから、考え行動すること。ひいては、より良い方向に「変える」ことにつながるのではないかと考えています。

※国際女性デー

女性の地位向上などを目指す、国際的な活動を行う日。

1904年3月8日に、米国ニューヨークで婦人参政権を求めてデモを起こしたことが起源。国連によって1975年に3月8日を「国際女性デー(International Women’s Day)」として制定された。

「知り、考え、話し、変わる」きっかけ作りを

──「#SearchForChange」のお取り組みを開始した背景について教えてください。

倉田:本取り組みは、2021年に開始しました。以降毎年、国際女性デーに「知ることから変わること(#SearchForChange)」というテーマでキャンペーンを実施し、身の回りにあるジェンダーの問題についてまずは「知り」、そして考え話し「変わる」ことを呼びかけています。

 Google 検索 プロダクトマーケティングマネージャー 倉田結生子(くらた・ゆいこ)氏<br /> Google 広告の営業とマーケティングを通じて中小企業のデジタル戦略を支援。現在は、Google検索のプロダクトマーケティングを担当している。
Google 検索 プロダクトマーケティングマネージャー 倉田結生子(くらた・ゆいこ)氏
Google広告の営業とマーケティングを通じて中小企業のデジタル戦略を支援。
現在は、Google検索のプロダクトマーケティングを担当している。

──具体的にどういったことを行っていったのでしょうか。

倉田:2021年は、初めて「知ることから変わること」というテーマを掲げたキャンペーンを実施し、ジェンダー問題に関連するキーワードを幅広くご紹介しました。2022年は、「#未来に残さない偏見」をテーマに掲げ、特に「アンコンシャス・バイアス(無意識な思い込みや偏見)」にフォーカスしたプロモーションを行いました。

 そして2023年は、“女性の身体”にまつわるトピックを取り上げ、SNSを中心に展開していきました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「街の特性」に絡め、場所を活かしたOOHを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/30 08:30 https://markezine.jp/article/detail/45573

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング