SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

STUDIO ZERO、JTBパブリッシングのCXパートナーに 「るるぶ」事業のデジタル変革を支援

 プレイドの事業開発組織「STUDIO ZERO」は、JTBパブリッシングのCXパートナーとして、「るるぶ」事業のデジタル変革支援を開始した。

 同組織では、どのように「るるぶ」の既存アセットを活用した事業拡大をするか、変革コンセプトの構想から新ブランド・新サービスの立ち上げ、顧客データのプラットフォーム構築まで一貫した支援に取り組んでいる。

るるぶの新規構想

 その第1弾として「るるぶ」の人気特集をデジタル化させた、ライフスタイルメディア「るるぶ+(るるぶプラス)」のリリースを全面的に支援。

画像を説明するテキストなくても可
「るるぶ」のガイドブック200タイトルから人気特集をデジタル化させた、ライフスタイルメディア「るるぶ+」(2024年4月リリース)

 今後もJTBパブリッシングと協業し、「るるぶ事業」の事業戦略およびサービス開発に取り組んでいく。

【関連記事】
電通、メディア・コンテンツビジネスの支援と開発に取り組む専門組織「MCx室」を設置
ユニークビジョンら、ファネルを横断した統合的なCXコミュニケーションの支援を開始
TOPPAN、「Shibuya Sakura Stage」の運営にCXMの導入を発表
プレイド、KARTE Signalsに広告ダッシュボード機能を追加 パルやミュゼプラチナムが先行導入
【耳から学ぶ】「カルビーの~ポテトチップス♪」お馴染みのジングルがもたらす効果/新潟県のDX

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/10 17:45 https://markezine.jp/article/detail/45583

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング