SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

雑誌より先にサイトで情報提供、角川クロスメディア2誌で “ウェブファースト”実現

 「東京ウォーカー」など、7都市の情報誌やサイトを手がける角川クロスメディアは、7月17日に「ウォーカープラス」をリニューアルし、雑誌編集部が入手し目利きをした情報をインターネットを通していち早くユーザーに届けるサービスを開始した。

 “速報はインターネットで、また掘り下げた記事は誌面で”という、ウェブファースト手法は国内新聞社などでは当たり前となっているが、国内情報誌では「東京ウォーカー」「ウォーカープラス」が初めての試みだという。この試みのために各ウォーカー編集部は組織を変更し、新宿や銀座など、エリアごとに記者をはりつける体制をとっている。

 角川クロスメディアは今後、ウォーカープラス内で提供する記事は、原則無償で外部プロバイダやインターネットメディアに対して提供することも予定している。

【関連記事】
博報堂、雑誌広告メインの広告会社「博報堂マグネット」設立
マガジンハウスの雑誌記事を検索できる「MSNマガジンサーチ」公開、雑誌をウェブで公開するメリットは?
男性は女性よりも雑誌好き、雑誌広告を見て行ったこと第1位は「ホームページ参照」【ビデオリサーチ雑誌メディア調査】
3D仮想空間マガジン創刊ラッシュ、角川クロスメディア「バーチャルウォーカー」発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング