MarkeZine(マーケジン)

記事種別

雑誌より先にサイトで情報提供、角川クロスメディア2誌で “ウェブファースト”実現

2008/07/17 16:25

 「東京ウォーカー」など、7都市の情報誌やサイトを手がける角川クロスメディアは、7月17日に「ウォーカープラス」をリニューアルし、雑誌編集部が入手し目利きをした情報をインターネットを通していち早くユーザーに届けるサービスを開始した。

 “速報はインターネットで、また掘り下げた記事は誌面で”という、ウェブファースト手法は国内新聞社などでは当たり前となっているが、国内情報誌では「東京ウォーカー」「ウォーカープラス」が初めての試みだという。この試みのために各ウォーカー編集部は組織を変更し、新宿や銀座など、エリアごとに記者をはりつける体制をとっている。

 角川クロスメディアは今後、ウォーカープラス内で提供する記事は、原則無償で外部プロバイダやインターネットメディアに対して提供することも予定している。

【関連記事】
博報堂、雑誌広告メインの広告会社「博報堂マグネット」設立
マガジンハウスの雑誌記事を検索できる「MSNマガジンサーチ」公開、雑誌をウェブで公開するメリットは?
男性は女性よりも雑誌好き、雑誌広告を見て行ったこと第1位は「ホームページ参照」【ビデオリサーチ雑誌メディア調査】
3D仮想空間マガジン創刊ラッシュ、角川クロスメディア「バーチャルウォーカー」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5