SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Wii向けデジタルコミック配信で、角川・講談社・集英社・小学館・トーセが新会社設立

 新会社は、第一弾事業として任天堂株式会社の家庭用ゲーム機「Wii」を使ったデジタルコミック配信サービスを提供する。インターネットに接続されたWiiがあれば、「Wiiウェア」のソフトとして専用プレーヤーを購入し、新作・旧作コミックを楽しむことができる。また、WiiからニンテンドーDSへ持ち出す機能なども検討しているという。

 今回、大手出版社4社とともに新会社を設立したトーセは、昭和54年に設立され、家庭用ゲームソフトやモバイル・インターネット関連コンテンツの企画・開発などの事業を手がけている。新会社の資本金7000万円のうち、3000万円はトーセが出資している。

 リブリカは、デジタルコミック以外にも出版物・読み物コンテンツのデジタル配信の領域で新サービスの提供を行うとしており、今回資本提携を行った5社に留まらず、新たな企業の参加を呼びかけていく。

【関連記事】
「小学館集英社プロダクション」発足、国内外でキャラクター&コンテンツビジネスを推進
「少年サンデー」と「少年マガジン」共同でマンガ雑誌を出版、小学館と講談社が合意
DACがデジタルカタパルトへ出資、デジタルコミックに広告配信を提供
雑誌より先にサイトで情報提供、角川クロスメディア2誌で “ウェブファースト”実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/17 18:55 https://markezine.jp/article/detail/4622

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング