SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2006年の米国検索ランキング、GoogleとYahoo!の2強状態続く、3位以下は激戦

 ネット調査会社の米ニールセン・ネットレイティングスは、2006年の米国検索市場の検索数ランキングを発表した。そのトップ5は以下のとおり(カッコ内は総検索数、パーセンテージは市場占有率)。

 1位 Google (3,097,838,000) 49.5%
 2位 Yahoo! (1,518,249,000) 24.3%
 3位 MSN/Windows Live (515,526,000) 8.2%
 4位 AOL (389,577,000) 6.2%
 5位 Ask.com (159,586,000) 2.6%

 1位のGoogleは、Yahoo!を大きくリードし、シェアでは49.5%を獲得。昨年の47.7%から成長したものの、50%の大台には達しなかった。Yahoo!のシェアは、昨年の21.8%から24.3%に成長してGoogleを追っているものの、その差はなかなか縮まらない。検索数の推移を昨年と比較すると、Googleの検索数は約31億で31%アップ、Yahoo!は約15億の検索数で27%アップしている。

 1位と2位が、市場の7割を超えるシェアを獲得している一方で、3位以下は激戦となっている。MSNからWindows Liveに移行したMicrosoftだが、この1年で検索数は12%もダウン。シェアも昨年の11%から8.2%で落ち着いている。

 それに続くAOLのシェアは6.2%、Ask.comは2.6%だが、Ask.comは33%も検索数を伸ばし急成長している。

 Google圧勝で終わった2006年だが、2007年もYahoo!の追撃、さらに3位以下の検索エンジンの動向が注目される。

プレスリリース:"NIELSEN//NETRATINGS ANNOUNCES NOVEMBER U.S. SEARCH SHARE RANKINGS" (PDF)
参考サイト:"Yahoo and Google battling for every inch of search market" (TG Daily)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 23:44 https://markezine.jp/article/detail/501

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング