SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今すぐはじめる実践モバイルSEO

【モバイルSEO】「着うた」を探すモバイルユーザー


 すっかり定番化したといえる携帯電話のサービスといえば着うた®(以下、着うた)や着うたフル®(以下、着うたフル)。モバイル検索が普及しつつある中、これらのサービスも、検索して探すユーザーが増えてきた。そこで、今回は着うた、着うたフルを探すモバイル検索ユーザーとモバイルサイトの状況及びそれらの対策について説明する。【バックナンバーはこちらから!】

成長を続ける、着うた/着うたフル市場

 モバイルコンテンツ市場で、最も大きな割合を占めているのが着うた・着うたフル市場である。2002年にKDDIが最初にサービスを開始し、その後NTTドコモやボーダフォン(現・ソフトバンクモバイル)が追随したサービスであるが、モバイル・コンテンツ・フォーラムの発表によると、2007年には着メロやモバイルゲーム市場を抜きモバイルコンテンツ市場では最も大きな1,074億円の市場になった。そんな着うたサービスであるが、キャリアごとに検索結果に独自色を出しているなど、検索周りでも注目すべきサービスになっている。

 そこで今回は、着うた・着うたフルを探すモバイル検索ユーザーとモバイルサイトの状況及びそれらの対策について説明する。

歌手名で着うたを探すモバイル検索ユーザー

 下記の図1は、着うたに関連するキーワードの予想検索数である。このデータで特徴的なのは、“着うた”というキーワードよりも検索数が多い歌手名が存在していることであり、多いものになると2倍以上検索されている。【注】

図1 着うたに関連するキーワードの月間予想検索数
(弊社リスティング実績より3キャリアの検索数を推測/3月時点での独自調査のため、歌手名が不十分である可能性がある)
 

 歌手名という具体的なキーワード(具体名称キーワード)の検索数が多い理由としては、目的のページにより早くたどり着きたいというユーザーのニーズを考えると、当たり前の結果のように思える。しかし、第1回で触れた旅行ジャンルにおいては「旅行」というキーワードの検索数が「沖縄旅行」というより具体的なキーワードの検索に比べ20倍以上も検索されていたことから、ユーザーが詳細かつ具体的なキーワードで検索することは必ずしも一般的ではないことがうかがえる。

 それでは、ここで着うたからは一旦離れて、どのようなジャンルでは具体名称キーワードの検索数が伸び、どういったジャンルでは広域なジャンルキーワードの検索数が伸びるのかを見てみよう。

【注】2008年9月5日の記事公開時は、「着うたに関連するキーワードのOverture(iモードのみ)の検索数(注1)」という表記をしておりましたが、Overture社は現在外部に対して検索数を公表しておりませんので、フラクタリスト社のリスティング広告運用実績を元に「予想検索数」として、加筆/修正しております。なお、フラクタリスト社のデータを用いましても、予想検索数に変わりはありませんので、2008年9月5日の公開時と本文の結論に変更はございません。次ページの図2についても同様です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
検索キーワードから見える、さまざまなユーザー像

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今すぐはじめる実践モバイルSEO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

モバイルSEO事業部 事業部長 佐藤竜也(モバイルSEOジギョウブ ジギョウブチョウ サトウタツヤ)

大学1年次よりインターンとしてフラクタリストに参画。インターン時代は営業やマーケティングを経験した後、社長室(現在は廃止)の立ち上げに携わり、上場準備や広報、新規事業を担当。 2006年モバイル検索エンジンの広がりに可能性を感じ、モバイルSEO事業を立ち上げを主導。コンサルタント、シニアコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/17 17:01 https://markezine.jp/article/detail/5083

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング