SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google AdWords、検索結果1ページ目に広告を表示させるための指標「First Page Bid」導入

 AdWords日本版公式ブログの8月22日のエントリによると、Googleは2005年夏に品質スコアに基づいた最小入札金額での入札を可能にしたのち、利用者からのフィードバックを受けて、今回リアルタイムでオークションごとにキーワードの品質を評価するようシステムを変更することを決定。この変更は今後数週間のうちに段階的に行われる。

 この変更によって、「最小入札価格」に代わって、ウェブ検索結果の1ページ目に広告を表示させるための目安となる新しい指標「First Page Bid」が表示されるようになる。ただしGoogleは、「First Page Bid」は予測値であり、検索結果1ページ目への掲載を保証するものではないとしている。

 また、キーワードのCPC(クリック単価)が広告品質に基づく最小入札価格を下回っていることを表す「非表示(検索サイト)」ステータスが廃止となる。

 新システム導入後は、キーワードが一時停止や削除されていないかぎり、広告表示の条件を満たしていると判断された場合、これまで非表示であったキーワードにも広告表示の可能性が出てくる。Googleは、キーワードがオークション参加対象になり得るかを決める際、最小入札価格ではなく、 検索ユーザーの地域や利用時間など、さまざまな要素がオークションごとに考慮され、それに適した条件で広告が表示がされるようになる可能性があるとしている。

【関連記事】
Google 、リンク先ページの読み込み時間も品質評価の対象に
Google AdWords、ランディングページの表示にかかる時間が短いほどキーワードの「品質スコア」が上がる方針に
Google、AdWordsキャンペーンでキーワードとプレースメントの併用を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング