MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google AdWords、検索結果1ページ目に広告を表示させるための指標「First Page Bid」導入

2008/08/22 11:45

 AdWords日本版公式ブログの8月22日のエントリによると、Googleは2005年夏に品質スコアに基づいた最小入札金額での入札を可能にしたのち、利用者からのフィードバックを受けて、今回リアルタイムでオークションごとにキーワードの品質を評価するようシステムを変更することを決定。この変更は今後数週間のうちに段階的に行われる。

 この変更によって、「最小入札価格」に代わって、ウェブ検索結果の1ページ目に広告を表示させるための目安となる新しい指標「First Page Bid」が表示されるようになる。ただしGoogleは、「First Page Bid」は予測値であり、検索結果1ページ目への掲載を保証するものではないとしている。

 また、キーワードのCPC(クリック単価)が広告品質に基づく最小入札価格を下回っていることを表す「非表示(検索サイト)」ステータスが廃止となる。

 新システム導入後は、キーワードが一時停止や削除されていないかぎり、広告表示の条件を満たしていると判断された場合、これまで非表示であったキーワードにも広告表示の可能性が出てくる。Googleは、キーワードがオークション参加対象になり得るかを決める際、最小入札価格ではなく、 検索ユーザーの地域や利用時間など、さまざまな要素がオークションごとに考慮され、それに適した条件で広告が表示がされるようになる可能性があるとしている。

【関連記事】
Google 、リンク先ページの読み込み時間も品質評価の対象に
Google AdWords、ランディングページの表示にかかる時間が短いほどキーワードの「品質スコア」が上がる方針に
Google、AdWordsキャンペーンでキーワードとプレースメントの併用を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5