MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第5回 DSP選択のポイントとは?

2006/12/28 10:30

 いまやドロップシッパーにとって欠かせない存在となった「ドロップシッピング・サービス・プロバイダ(DSP)」。今回は、国内にどのようなDSPがあるのかを確認しつつ、その選択のポイントを紹介します。

ドロップシッピング・サービス・プロバイダーにはどんな種類があるの?

 DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダー)には大きく分けて、2つのタイプが存在します。ひとつは、前回説明した「DSP」のようにサプライヤーとセラーの仲介役を務め、サプライヤーが登録した商品をセラーが販売できるようにするものです。いうなれば「仲介型DSP」といったところでしょうか。

 2つめは、アメリカで流行っている方式で、「コラボレーション(合作)型DSP」と呼ばれています。これは、サプライヤーが提供する商品をそのまま販売するのではなく、セラーがその商品に印刷するデザインを自分で作成し販売するというものです。

 アメリカでは、「cafepress」という「コラボ型DSP」があります。サプライヤーは無地のTシャツやマグカップを提供し、セラーはそれら商品に印刷するデザインを自分で作成して販売しています。「cafepress」は、日本の方が「漢字」をプリントしたものを外人向けに販売し、相当な利益を生み出したことでも知られています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5