SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

Trend-spice!特集(3)
ニフティに聞く広告データ活用術


インターネット広告の出稿量調査サービス「Trend-spice!(トレンド・スパイス)」の活用法について、ニフティ株式会社の広告ビジネス営業部広告企画チーム 営業推進ユニットの新井里枝子さんに伺った。  

ニフティに聞く、広告データ活用術

 株式会社スパイスボックスが提供する、インターネット広告の出稿量調査サービス「Trend-spice!(トレンド・スパイス)」。クライアント別・業種別・掲載面別の調査ができるのが特徴だ。

 前回に引き続き、Trend-spice!の活用事例をご紹介しよう。

 今回の取材先は設立23年目を迎えたISP大手のニフティ株式会社。同社が運営する人気のポータルサイト「@nifty」の運営においてTrend-spice!のデータがどう活用されているのかを、同社 広告ビジネス営業部広告企画チーム 営業推進ユニットの新井里枝子さんに伺った。

 @niftyは、月間ユーザー数が1,800万を超えるポータルサイト。新井さんが所属する営業推進ユニットは、営業担当や企画担当に対する支援が主な仕事だ。質の高い提案を実現するために、Trend-spice!を使っているという。

 「現場の営業担当者に対して、クライアントへの提案に役立つデータを提供するほか、商品企画の担当者に対しても、業界の動向を踏まえた商品企画をバックアップします。営業からの声を吸い上げ業界の動きを観察しつつ、売れる商品を提案するユニットということです」

「直接営業」にも「チャネル営業」にも役立つデータ

 これらの業務を遂行するなかで、Trend-spice!の機能はどのように役立っているのだろう。新井さんは、業務別に次のように説明した。まずは、営業支援の場合。

 「当社の営業は、直接クライアントにプロモーションを行う『直接営業』と、広告代理店やメディアレップと連携する『チャネル営業』に分かれます。Trend-spice!から得られるデータは、これら両方の営業のサポートに役立っています」

 タイアップ企画など、コンテンツと密に結びついた提案に人気があるが、これには、長期に渡るクライアントとの協業が必要になる。そこで活躍するのが直接営業だ。

 「この場合はクライアント別や業種別、また、事前に登録した広告主の広告が出稿されたことをメールで知らせてくれる速報通知機能を使って出稿量を調査し、プレゼンの事前資料として営業担当者に渡すようにしています。季節変動やトレンドが分かれば、より効果的にアポイントが取れるのはもちろん、効果的なプレゼンが可能になります。また、当社は多くのコンテンツを保有していますが、クライアントにすべてのサイトを説明するのは、お互いにとってムダになりかねません。過去の出稿などからどういった媒体に関心があるか調べていれば、ピンポイントな提案もしやすくなります」

 一方、広告代理店やメディアレップに対して行うチャネル営業では、サイト別の出稿量データが役立っている。

次のページ
商品企画やコンテンツ編成のヒントにも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大正谷 成晴(オショウダニ シゲハル)

1973年生まれ。フリーランスライター・エディター。2001年よりビジネス誌を中心に活動を開始。現在に至る。趣味はサイクリング、料理、投資。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/06 14:29 https://markezine.jp/article/detail/5681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング