SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

アクセス解析徹底活用ガイド(AD)

販売スタートから12年。老舗アクセス解析ツール「SiteTracker」のこれから

今後は「ライトタイムマーケティング」への対応も

 アセンディアではまた、10月より「SiteTracker」のオプション製品として「SiteTracker 携帯サイト解析オプション」の提供を開始している。この製品は株式会社エクサージと共同で開発したもので、携帯電話向けサイトの訪問者の行動解析を実現するオプションとなっている。「携帯電話向けのサイトでは、携帯電話のキャリアごとの特有の仕様が原因で、正確なレポートを出すことが困難でした。

 たとえばNTTドコモの場合は、ページを移動するごとにIPアドレスが変わります。このためユーザーの経路を取ることができません。ユーザーが5ページ閲覧しても、5人のユーザーがアクセスしてきたとしか解析できなかったのです。

 しかしエクサージとの共同開発によって、NTTドコモの場合でも経路を追いかけることが可能になりました。具体的には、サーバーにモジュールを追加することでログにセッションIDをつけていきます。

 この方法なら、IPアドレスが変わっても追跡でき、正確なユーザー数を把握することができます。NTTドコモは仕様が特殊ですが、他の携帯電話でも移動中で基地局が変わるとIPアドレスが変わります。携帯サイト解析オプションでは、これらの問題を解決しています」と語る。

 最後に、今後の展開についてうかがってみた。「今後は、携帯電話向けサイトへの対応を、さらに充実させていきたいと考えています。最近の携帯電話は機種固有の番号があったり、クッキーを使える機種が多くなっています。PCには当然ながら機種固有番号はありませんが、PCと携帯電話を判別して、携帯電話の場合にはユーザーエージェントに固有番号を付加するなど、「SiteTracker」ひとつで複数の環境に対応できるよう、現在構築中です。

SiteTracker 携帯サイト解析オプション 簡易イメージ図

 また、最上位エディションである「Premier」にデータモデルエクステンションという機能があるのですが、この機能を使ったデータベースの拡張を考えています。具体的には、他のデータベースのデータを「SiteTracker」に読み込む機能で、現在、技術検証を進めています。データベースの種類によってインデックスの揃え方が異なるなど、相性の問題があるのです。

 これをクリアできれば、たとえば会員制ECサイトを持つ企業の場合、会員IDとデータベースの情報を紐づけることができます。そうすると、ユーザーの性別や年齢、時間帯などによって販売の傾向を分析できるため、ライトタイムマーケティングが可能になります。特定のユーザーに対して、最適なタイミングでプッシュ広告を配信するといったことができるわけです。

アクセス解析の新たな活用法も登場

 なお最近の傾向として、アクセス解析ツールをイントラネットで利用するケースが出てきています。これは主に大企業や自治体ですが、社内システムにWebシステムを利用している場合に、利用状況を監視したり、コンテンツ内容や文言の適格性を確認したりすることを目的とした使い方です。内部統制などのからみですね。今後はこのような活用法への対応も模索していこうと考えています。

 「SiteTracker」は12年の歴史を持ち、インターネットの黎明期から存在するアクセス解析ツールである。12年の歴史について、外立氏に聞くと「実は、初年度の販売本数は0本なんですよ。そこから12年間続けていられるのは、ユーザーのみなさんのおかげだと思っています」と語る。その機能と性能、使い勝手の良さは、大企業や自治体を含むユーザーの多さからもわかる。

 事業譲渡によって提供元ブランドが変わったが、まずは「アセンディアが提供するSiteTracker」の認知を広めていきたいという。新規サイトやリニューアルに大規模な予算が割かれる現在、一度SiteTrackerによるアクセス解析を試してみてはいかがだろうか?

ますます進化する「SiteTracker」の詳細はこちらからどうぞ!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アクセス解析徹底活用ガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉澤 亨史(ヨシザワ コウジ)

元自動車整備士。整備工場やガソリンスタンド所長などを経て、1996年にフリーランスライターとして独立。以後、雑誌やWebを中心に執筆活動を行う。パソコン、周辺機器、ソフトウェア、携帯電話、セキュリティ、エンタープライズ系など幅広い分野に対応。お仕事の依頼は、kouji@zawa.net までご連絡く...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/01 17:26 https://markezine.jp/article/detail/5742

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング