SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ガチャピンもびっくりの大活躍、Googleマップ「ストリートビュー」の人型アイコン「ペグマン」に注目

 今回の改良によって、通常のGoogleマップ画面から、ストリートビュー画面への切り替えが簡単にできるようになった。画面左上にある拡大縮小スライダーに表示された「ペグマン」をドラッグし、ストリートビューで見たいポイントにドロップすると、すぐにストリートビュー画面に切り替わるようになっている。

「ペグマン」をドラッグしてストリートビュー表示に

 さらにストリートビューを全画面表示にしたり、ストリートビューと地図を上下に分けて同時に閲覧することも可能。また、公開してほしくない画像がある場合は、ストリートビュー画面の左下にある「問題の画像の報告はこちら」というリンクから行えるようになった。

「ミニマップ」左上の矢印をクリックすると、ストリートビューと地図を一度に表示

 しかし、今回MarkeZine編集部が気になっているのは、ストリートビューのアイコンである「ペグマン」。このペグマンをドラッグ&ドロップして移動することで視点を変えることができるのだが、ストリートビューが表示できない地域にドロップしようとすると、イヤイヤをするように元の地点に戻ってしまう。

ペグマンをドラッグ&ドロップするときには微妙なアクションが

 また、YouTubeの公式チャンネル「Google Channnel Japan」で公開されている紹介動画では、川を泳いだり、セグウェイに乗るなど、ガチャピンもびっくりの大活躍。Googleとキャラクター顔のパーツがないため表情はわからないが、なんともユニークな新キャラクターに成長しそうである。

動画で活躍するペグマン

【関連記事】
Google、ストリートビュー機能を携帯でも公開
Googleマップの「ストリートビュー」で東京散歩
Googleの3D仮想世界サービス「Lively」が年内閉鎖

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング