SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯における三大デジタルインセンティブは、待受画像・着メロ・Flash待受【IMJモバイル調べ】

知らないうちに使っている「ガジェット」

 IMJモバイルは10月に「携帯画面のカスタマイズに関する調査」を行い、15~59歳の携帯電話ユーザー男女1000名から有効回答を得た。

 各キャリアは、「ガジェット」や「きせかえ」と呼ばれるカスタマイズツールや機能を独自に提供しているが、携帯の待受画面上に配置できるガジェットサービスについて聞いたところ、認知率が最も高かったのはauの「au one ガジェット」(36%)で、ソフトバンクモバイルの「ウィジェット」(26%)、ドコモの「マチキャラ」(26%)が続いた。

 ガジェットの詳細まで知っている人は3キャリアともに7%程度にとどまっているが、自覚しないで利用しているユーザーも多い。実際の利用経験を調べたところ、ドコモユーザーでは32%、auユーザーでは47%となり、利用経験が名称認知を上回る結果となった。

待受画面を年1回以上更新する人は4割

 待受画面に対するユーザーのカスタマイズ意欲は高く、全体の43%が年1回以上は待受画面を更新している。性別で見ると女性の変更頻度が高く、15%の女性は毎月待受画面を変更している。また、回答者の8割以上がプリインストールされたものではない素材を利用しており、「携帯電話で撮影したもの」「プリインストールのもの」「きせかえ」が多くなっている。

現在設定している各種画面の種類(単一回答) 【n=1000】

 一方、メインメニュー、発着信画面、メール送受信画面の場合、約4割が携帯電話にプリインストールされているものを利用。また、サイトからダウンロードした素材(「きせかえ」含む)を設定している人は、待受画面、メインメニュー、発着信画面、メール送受信画面、いずれも3割前後となっている。

カスタマイズ意欲とデジタルインセンティブ

 商品の購入やモバイルサイトへの登録で得られる、デジタルデータによるノベルティ「デジタルインセンティブ」の入手経験についてたずねたところ、ベスト3は「待受画像(静止画)」「着メロ」「待受画像(Flash)」となった。また、全体的に女性のデジタルインセンティブの入手経験が男性を上回る結果となっている。

デジタルインセンティブの取得経験
(「よくある」「たまにある」の合計を算出) 【n=1000】

 また、デジタルインセンティブ取得経験者に、インセンティブ入手時の行動や感情についてたずねたところ、「モバイルサイトへ登録したことがある」が4割と最も多く、次いで「商品を購入したことがある」「モバイルサイトに興味を持ったことがある」となった。

デジタルインセンティブによる行動・感情 (複数回答)
【n=286※デジタルインセンティブ取得経験者】

【関連記事】
cciとサムライワークス、「ガジェットギャラリー・ネットワーク」サービスを本格展開
「これからは待たせない待ち受け画面」 au oneガジェット発表
「mixiモバイル」の画面が、ガンダム・キティ・コードギアス仕様に変身

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング