MarkeZine(マーケジン)

記事種別

個人投資家が最も投資してみたい金融商品1位は「日本株」、「FX」は4位

2008/12/16 12:55

 マイボイスコムの調査によると、金融商品への投資に対しては48%の人が金融商品に興味を持っており、興味がない人の39.3%を上回っている。現在投資している金融商品の1位は「株(日本企業)」で、「保険」「外貨預金」「株式投資信託」が10%台で続き、人気の「外国為替証拠金取引(FX)」は7位。

現在投資している金融商品

 こうした金融商品の購入場所として最も利用されているのは「証券会社」33.8%で、続く「ネット専業証券会社」も32.2%で健闘。前者が前回調査時より0.7ポイント下回ったのに対して、後者は4ポイント上回っている。

 また、金融商品投資の判断材料にしている情報源は、1位「新聞記事」、2位「インターネットの投資情報ページ」、3位「テレビのニュース番組」。自分の金融投資に対する態度・意識を分類してもらったところ、最も多いのは安定重視の「どちらかというとローリスク・ローリターン型」。全体では、安定重視型が6割、積極投資型が3割となっている。

金融商品に対する態度・意識

 また、金融資産の総額を見ると、「300万円未満」の人が合計で51.7%となっており、「1000万円以上」の人は14.8%。「わからない」という人も7.9%となっている。

金融資産の総額

 今後、最も投資してみたい金融商品のベスト3は「株(日本企業)」「外貨預金」「金(Gold)」で、「FX」は4位。回答者のコメントには、「このところの株安で、大手企業の株があり得ないくらい割安になっている。企業の規模や実力を考えると、反発しないはずがない」(日本株、男性・30歳)、「為替の変動が面白い」(外貨預金、女性・33歳)、「最近、テレビでもよくとりあげられているから」(FX、女性・26歳)、「元本割れのリスクが非常に小さいから」(国債、男性・26歳)など、それぞれの投資スタイルで金融商品を選んでいる様子がうかがえる。

【関連記事】
あなたはどのタイプの投資家? 「MONEYzine」で投資家診断コンテンツがスタート
投資をしない理由「資金がない・損するのが怖い」、しかし老後への不安も
「マネポケFX」が“究極のテクニカル分析”をわかりやすいFlashチャートで表現
エンジニアの冬のボーナス、8割が貯蓄派だがFXに燃える投資派も【Tech総研調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5