SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

【会社訪問】「同じ仕事を2度しない」工夫で、少数精鋭の開発チームを実現
9人で40以上の公式サイトを運営するモバイルファクトリー

 ちょっと気になる感じの会社におじゃまし、社長さんやスター社員にインタビューしてみよう!というこの企画。今回は、「着メロ」「着うた」「デコメ」「占い」など、40以上の公式サイトを運営するモバイルファクトリーさんに行ってきました(この記事は、CAREERzineから一部を転載したものです)。

3キャリアで40以上の公式サイトを運営するモバイルファクトリー

 「着メロ」や「着うた」といえば、いまやモバイルには欠かせないコンテンツサービス。人気や注目度の高い作品だと、100万単位のダウンロードもめずらしくなくなってきた。CDに代わる音源サービスとして普及の度合いを広げている。若年層向けのサービスだったのも過去の話で、いまでは、幅広い年代が利用するようになった。

 この、「着うた」の分野で頭角を現したのが、株式モバイルファクトリー(以下、モバイルファクトリー)だ。創業は2001年。代表取締役の宮嶌裕二氏が、東京都荒川区西日暮里のアパートの一室にオフィスを構えたことに端を発する。

モバイルファクトリーの名物の1つ、セグウェイに乗る代表取締役の宮嶌裕二氏(左)と
取締役の深井未来生氏(右)

 当初から、モバイルインターネットサービスの企画・運営を主軸に事業を展開。新聞記事で「着うた」の可能性を確信し、幅広く着うたサイトをオープンしたのが起爆剤となった。2004年9月期に1億9,400万円だった売上を、翌年同期には4億9,500万円まで伸ばし、時代の先を読むサービス展開で、その地位を確立してきた。現在では、モバイル各キャリアの公式サイトの運営を手がけ、「着メロ」「着うた」「デコメ」「占い」など、その数は3キャリアで40サイト以上。現在も、毎月増え続けている。

 モバイルメディア事業にも積極的で、メッセージングハブサービスの「Wassr(ワッサー)」や、ブログを口コミ型のプロモーション媒体として活用する「BloMotion(ブロモーション)」でも知られている。モバイルアフィリエイトの経験者なら、同社のアフィリエイトサービス「ケータイ★アフィリエイトNEO」も使っているかもしれない。

 全方位的なサービス展開で、他社との差別化を図っているといえるだろう。今回は、宮嶌氏と取締役の深井未来生氏に、モバイルファクトリーが躍進を続ける背景について語ってもらった。(この続きはCAREERzineでどうぞ!)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/29 11:00 https://markezine.jp/article/detail/6362

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング