SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフーの3Q決算、広告事業の売上高・営業利益ともに前期を下回る

 ヤフーの第3四半期(平成20年10月~12月)の売上高は669億円、営業利益は331億円(前年同期比6.0%増)、経常利益は328億円(6.5%増)、四半期純利益は191億円(11.4%増)。累計期間(平成20年4月~12月)では、売上高は1,986億円、営業利益は990億円(前年同期比8.8%増)、経常利益は979億円(10.4%増)、当期純利益は560億円(20.6%増)となった。

 広告事業を見ると、第3四半期の売上高は349億1200万円、営業利益は180億2900万円。ヤフーは第3四半期に興味関心連動型広告「インタレストマッチ」の掲載を本格的にスタートし、検索連動型広告をはじめとして、各種ターゲティング広告の売上増を実現した。

 しかし、前期(第2四半期)の売上高351億5200万円、営業利益183億5700万円には及ばず、第3四半期は前期を下回るかたちとなった。

【関連記事】
オーバーチュアとヤフー、「インタレストマッチ」のモバイル向けサービス開始、取扱代理店を限定せずに展開
会員増もサービス連携も独自路線は限界?ソフトバンク・DeNA・ドワンゴ・MySpace・mixi・ヤフーが、モバイルサービスにおける連携を発表
次世代クリック課金型広告「インタレストマッチ」配信開始、Yahoo! JAPAN内で月間200億PVを目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/28 15:47 https://markezine.jp/article/detail/6430

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング