SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

利用している映像配信サービス2強は「Yahoo!動画」と「GyaO」、視聴者の7割が無料支持

 マイボイスコムは、1月に「映像配信サービス」に関する調査を行い、14,034件の回答を得た。今回の調査では、ユーザーが自ら動画をアップできる動画共有サービス(YouTube、ニコニコ動画など)ではなく、映像の権利を持つ配信業者が配信するサービスを対象としている。

 映像配信サービスを利用したことがある人は全体の約7割で、利用する媒体は「パソコン」が94.6%で大多数を占めており、「無料サービスのみを利用している」人は89.3%となっている。「知っている映像配信サービス」では、「Yahoo!動画」(69.2%)と「GyaO」(65.4%)が飛びぬけて多く、この傾向は以下に示す「実際に利用したことがあるサービス」でも同じ結果となった。

利用したことがある映像配信サービス

 視聴する分野は、「アニメ」が31%で最も多く、以下「映画」「音楽」「ドラマ」「報道・ニュース」が続いている。しかし、これらのコンテンツを視聴するのに料金を払っている人はまだわずかで、「無料サービスのみを利用している」人が9割近くにのぼっている。

映像配信サービスに使う月額料金

 映像配信サービスの利用意向については、7割の人が「無料サービスのみ利用したい」と回答しており、無料サービスを支持する傾向は根強いが、「有料・無料サービスの両方を利用したい」と答えた人も8%となっており、この割合を増やすための施策が今後重要になりそうだ。

【関連記事】
シニアの「ドラマを観たくなる有名人」1位となった「キムタク」ブランド支持層の高齢化?
USEN、GyaO事業を分社化
ニコニコ動画に先駆けて、「第2日本テレビ」が単月黒字を達成
「Yahoo!動画」ライブ配信、「オリックス vs ソフトバンク」で過去最多の同時視聴者数を記録

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/10 13:11 https://markezine.jp/article/detail/6535

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング