SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

百度、2008年通期の純利益は66.6%増の10億元

 百度の2008年第3四半期の売上高は、前年同期比58.0%増の9億210万元(1億3220万ドル)、営業利益は同72.9%増の3億470万元(4470万ドル)、純利益は同31.3%増の2億8870万元(4230万ドル)となった。

 また、2008年度通期の売上高は、前年比83.3%増の32億元(4億6880万ドル)、営業利益は同100.4%増の11億元(1億6070万ドル)、純利益は同66.6%増の10億元(1億5360万ドル)となっている。

 第4四半期のオンラインマーケティングの売上高は、前年同期比58.3%増の9億140万元(1億3210ドル)。Baiduのオンラインマーケティングの顧客は、現在19万7000を超え、前年同期比27.1%増となっている。顧客ごとの売上高は約4600元(674ドル)で、前年同期比24.3%増となったが、第3四半期の4700元(692ドル)と比較すると2.1%減少している。その理由としては、医療と医薬品セクターの一部の顧客を一時的にペイドサーチの結果から除外したことによるもので、その大部分は利用を再開しているという。

【関連記事】
検索結果ページはもういらない、百度が検索をシンプルにするIE8対応検索プラグインを提供
ニッセン、百度とのダブルネームで中国にショッピングサイトを展開
Googleを追う百度、アジア・パシフィック地域の検索エンジンランキング
百度の社長にヤフーの検索事業を指揮した井上俊一氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/19 18:02 https://markezine.jp/article/detail/6603

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング