MarkeZine(マーケジン)

記事種別

環境や社会貢献をうたった商品、「普段から意識して買っている」2割、効果に疑問の声も

2009/02/24 18:15

 慶應義塾大学商学部の髙橋郁夫研究室とNTTレゾナントは、「企業のCSR活動と消費者の購買意欲に関するアンケート」を2008年10月に実施し、800名(男性50%、女性50%)から有効回答を得た。

 地球環境に配慮した商品や、売り上げの一部が発展途上国への寄付に回される商品などを購入したことがある消費者は約5割。最も購入経験が高いのは50代以上で、最も低いのは30代で、購入商品は食品関連や日用品など、1回あたりの支出額が小さい商品が中心となっている。

企業の社会貢献活動につながっている商品の購買経験の有無
年代別クロス集計(n=800/単一回答)

 商品を購入した理由としては、購入経験のある人のうち約半数が「店頭などで見つけたから」と回答し、「普段から意識して購入しているから」という理由を挙げた人は、2割程度にとどまっている。

 商品購入の経験がなく、今後も購入意向がないと回答した消費者にその理由をたずねたところ、「本当に社会貢献につながっているかどうかがわからない」という回答が54.0%に達している。また、「一般の商品に比べて割高」と回答した人46.9%にのぼっており、社会貢献の実感がしづらいことや価格面でのハードルが高い現状が浮き彫りになっている。

購入したくない理由 全体 (n=113/複数回答)

【関連記事】
自動車購入時に「環境への配慮」を最重要視する人はわずか1.4%
環境問題への関心は2年連続で増加、男性は「知識派」女性は「行動派」
アイティメディア、新媒体「環境メディア」を2009年3月に開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5