MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ブランディングの若きグルが語る
人の心を掴むブランドと凡庸なブランドの差

2009/03/13 14:00

 18日の最後の講演は「買い物する脳―驚くべきニューロマーケティングの世界」の著者、マーティン・リンストローム氏の講演となった。テクノロジー寄りの話題が多い同イベントの中で、異彩を放った同氏の講演は会場をおおいに沸かせていた。【関連記事】

アップルと宗教への思いは同じ?

 マーケティングとは何か? と問われたときにあなたはどう答えるだろうか?

 「ユーザーの情報や行動を元に最適な商品を推奨する」というのが模範的な回答かもしれない。だが、それだけではあまりにも当たり前だし何よりつまらない。

 登壇したリンストローム氏は「ニューロマーケティング」を提唱する人物だ。「ニューロマーケティング」とは、消費者の脳の反応を計測し、消費者心理や行動の仕組みを解明して、マーケティングへ活かそうという試みだ。このセッションでは、彼がそこから得た数々の「発見」が紹介された。

 

 まず紹介されたのは「宗教とブランドに相関があるのか」というテーマの実験についてだ。

 同氏は、マイクロソフト、アップルコンピュータ、HP、マクドナルドといったブランドを想起する時と、自身の信仰について思い浮かべる時に、脳波の相関性があるかを調査。その結果、アップルと宗教は関連性があり、マイクロソフトと宗教は関係ないことが示し、強いブランド信仰は宗教への信仰と相関性があると、強調した。

独特の語り口で会場を大いに沸かせるリンストローム氏

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5