SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

事例から読み解くユーザービリティ改善の勘所

第1回 ユーザビリティでまず何を考えるべきか


はじめまして。ミツエーリンクスの矢野と申します。この連載では、Webマスター向けにユーザビリティの実践的な改善策をお伝えしていこうと思っています。さて、最近では自社のユーザビリティが悪いと考え、改善に取り組もうとしている企業サイトのWebマスターの方が増えてきました。しかし、導線の改善などを実施しても思うような効果が現れない場合があります。それはなぜなのでしょうか?

なぜユーザビリティがよくならないのか?

 最近、Webサイトのリニューアル時に「サイトのユーザビリティが悪いので改善したい」という相談をWebマスターの方々から言われることが多くなってきました。2、3年前にはユーザビリティという言葉自体がWebの世界ではあまり聞きなれない言葉でしたので、「ユーザビリティとはですね…」というように言葉の説明から私の仕事は始まっていましたから、かなりの変化といえます。

 さて、「ユーザビリティが悪い」とサイトを運営しているWebマスターの方々が口にするようになったことによって、リニューアル時だけでなく、運用の中でも「お問い合わせページへの導線を改善するために、お問い合わせボタンを大きくして、商品紹介の記事の下からすぐに移動できるようにする」などの、改善が行われるようになりました。

 しかし、いわゆるユーザビリティ的な問題だと思われる箇所に実際に改善を試みても効果が出る場合と出ない場合があります。「使いやすくなったはずなのに、お問い合わせ数が増えない」といった状態です。これはどういった理由によるものなのでしょうか?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「ユーザビリティ」を勘違いしていませんか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
事例から読み解くユーザービリティ改善の勘所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢野 絵美(ヤノ エミ)

中央大学大学院理工学研究科で感性工学を専攻。修了後、株式会社ミツエーリンクスに入社。現在はWebアナリストとして、アクセスログ解析やユーザビリティに関するサービスを担当している。これまでに、80社を超える大手企業サイトの診断・コンサルティングを実施している。 日本感性工学会 会員。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/02/13 15:12 https://markezine.jp/article/detail/703

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング