SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

事例から読み解くユーザービリティ改善の勘所

MarkeZineを検証! ユーザビリティ改善大作戦


前回は、ISO13407"Human-centered design process for interactive systems"(インタラクティブシステムの人間中心設計プロセス)を紹介しました。今回はそのISO13407のプロセスをもう少しわかりやすくお伝えするために、『MarkeZine』を例にユーザビリティについて具体的な例をご紹介したいと思います。

Webサイトのリニューアル・公開=ゴールではない

 ISO13407プロセスの大きな特徴は循環プロセスであるところにあります。Webサイトの構築時には、サイトのコンセプトを立てた上で、十分にターゲットユーザーの行動や要求事項を考慮した上での制作が行われていると思います。

 しかし、Webサイトの構築はリニューアル・公開がゴールではありません。 サイト公開後にも、実際にユーザーがどのような行動をするのか、実際のユーザーに対して本当に必要となる情報や機能は何か、といった部分をユーザーのサイト利用状況を把握しながら、見直していく必要があります。

 また、改善したからこそ、新たなユーザー要求が出てくることもあります。そうした形で問題点、課題を見つけ出し、循環プロセスの中で改善していくというのがISO13407の考え方です。

ISO13407 人間中心設計プロセス図

では、ここから『MarkeZine』を例に具体的な話を進めていきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
サイトコンセプトと提供している情報・機能は一致していますか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
事例から読み解くユーザービリティ改善の勘所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢野 絵美(ヤノ エミ)

中央大学大学院理工学研究科で感性工学を専攻。修了後、株式会社ミツエーリンクスに入社。現在はWebアナリストとして、アクセスログ解析やユーザビリティに関するサービスを担当している。これまでに、80社を超える大手企業サイトの診断・コンサルティングを実施している。 日本感性工学会 会員。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/03/21 00:09 https://markezine.jp/article/detail/872

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング