SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

メルマガの解約理由「広告が多い」「配信頻度が高い」が上位【リサーチ】

 今回は、携帯電話のメールマガジンについて、解約経験やその理由、迷惑メール対策等のネガティブな側面について調査しました。その結果、ほとんどのユーザーはメルマガの解約経験があるほか、迷惑メール対策を施しているユーザーも多いことが分かりました。【バックナンバー】

調査結果のトピック

  • メルマガがきっかけの「サイト訪問」86%、「コンテンツ利用」59%
  • 半数のユーザーが配信頻度や広告掲載の多さが理由でメルマガ解約
  • メルマガ購読者の6割以上が迷惑メール対策を実施
  • 入力情報が多いとメルマガの登録を断念

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~34歳の3G端末を保有し、モバイルでメルマガを受信している男女(※調査会社が保有する調査パネル)
  • 有効回答数:312サンプル
  • 調査日時:2009年3月19日~3月20日
■性年代(n=312)
■性年代(n=312)
■居住地域(n=312)
■居住地域(n=312)
■職業(n=312)
■職業(n=312)
■保有キャリア(n=312)
■保有キャリア(n=312)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
メルマガがきっかけの「サイト訪問」86%、「コンテンツ利用」59%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング