SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エコポイント制度で一番お得なのは「地デジ対応テレビ」、エアコン・冷蔵庫は価格差がネックに

 政府は、高い省エネ効果を持つ家電製品の購入に対して、さまざまな商品・サービスと交換可能なポイント「エコポイント」を付与する制度を設け、5月15日以降の購入を対象として実施する。対象となるのは、省エネラベルで「4つ星」以上がついているエアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビの3つ。

 4つ星以上のモデルを購入すると、エアコン、冷蔵庫で5%、地デジ対応薄型TVは10%のポイント還元が予定されている。しかし、ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンの調査によると、エアコン、冷蔵庫は4つ星以上と3つ星モデルの価格差が大きいため、ポイントによって価格差を埋めることは難しい状況となってnいる。

 一方、薄型TVは5つ星の製品が市場の大半を占めており、これらのモデルがポイント付与の対象となる場合、10%の還元はそのまま価格の引下げにつながる。また、同じ5つ星でも、37インチの平均価格約145,000円に対して、40インチは149,000円と価格差が小さいことから、ポイント還元でサイズアップ分の価格差を埋めることができる。

 せっかく導入される制度をうまく利用するためにも、省エネ効果をはじめとして、さまざまな選択肢をじっくり比較検討する必要がありそうだ。

【関連記事】
女性では「インサイト」人気が「プリウス」に迫る勢い【ハイブリッドカー徹底比較】
トヨタ、新型プリウスベースのプラグインハイブリッド車を全世界で500台リース
環境や社会貢献をうたった商品、「普段から意識して買っている」2割、効果に疑問の声も
自動車購入時に「環境への配慮」を最重要視する人はわずか1.4%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング