SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビ局の動画配信サイトが好調、無料化した「第2日本テレビ」が一歩抜け出す

 ネットレイティングスがまとめた2009年3月のインターネット利用動向によると、利用者数が伸びているのは、昨年10月にサービスの無料化を実施した「第2日本テレビ」と昨年12月にサービスを開始した「NHKオンライン」で、それぞれ126万人、90万人となっている。

図表1 テレビ局の動画サイトの利用者数推移
(2009年1~3月、家庭と職場からのアクセス)

 しかし、先行する動画サイトの利用者数は、さらに多くの利用者を獲得しており、「Yahoo!動画」604万人、「Gyao」547万人、「YouTube」1906万人、「ニコニコ動画」は807万人となっている。これらの動画サイトの利用状況は重複しており、Yahoo!動画とGyaOの利用者の6割以上がYouTubeユーザーであり、ニコニコ動画にいたっては8割近くがYouTubeを利用している。

 これらのデータをもとに、今秋サービス統合を行うYahoo!動画とGyaOの合計利用者数を試算すると974万人となり、「ニコニコ動画」を抜いて第2の動画サイトになる。

【関連記事】
「NHKオンデマンド」が苦戦、「第2日本テレビ」におよばず
ニコニコ動画に先駆けて、「第2日本テレビ」が単月黒字を達成
平均利用時間1位「ニコニコ動画」2位「YouTube」【娯楽系サイト利用ランキング】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング