SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Wiiユーザーの平均年齢はPS3ユーザーよりも上

 ネットエイジアは5月上旬に、自宅にテレビゲームを持っていて、テレビゲームをすることがある10代~40代の男女800名を対象に調査を行った。それぞれのゲーム機とユーザー属性を比較すると、「Wiiのみを持っている人」は28.0%で最も多く、平均年齢は32.2歳、「WiiとPS3の両方を持っている人」は5.6%で平均年齢は29.4歳、「PS3のみを持っている人」は4.3%で、平均年齢は25.7歳となった。

所有しているゲーム機

 「Wiiのみを持っている人」の場合、テレビゲーム歴「20年以上」が40.2%だったのに対し、「PS3のみを持っている人」の場合は23.5%で、Wiiユーザーのほうが、テレビゲーム歴の長いユーザーが多くなっている。これはファミコン経験率で、Wiiユーザーのほうが5.5ポイント高いことからもうかがえる。

ファミコンで遊んだ経験について ※単一回答形式
(WiiもしくはPS3を持っていて、自分で遊ぶことがある人)

 しかし、「Wiiユーザー」の場合、テレビゲーム歴は長いものの、ゲーム機の種類の経験数は7.8種類にとどまっており、「PS3」ユーザーは、テレビゲーム歴は短いものの、ゲーム機の種類の経験数は8.9種類と高くなっている。

 誰とプレイすることが多いかについては、Wiiの場合は最も多いのは「家族と」で、「一人で」が続いている。一方、PS3の場合は「一人で」が最も多く、「家族で」が2番目となっている。好きなゲームのジャンルでは、「Wiiのみを持っている人」の1位が「ロールプレイングゲーム」で、2位「スポーツゲーム」、3位「パズルゲーム」。「PS3のみ を持っている人」では、1位と2位は同率で「アクションゲーム」「シュミレーションゲーム」となり、3位が「ロールプレイングゲーム」となった。

誰とプレイすることが多いかについて
(WiiもしくはPS3を持っていて、自分で遊ぶことがある人)※複数回答形式

 ゲーム機の購入目的では、WiiとPS3ともに「プレイしたいソフトがあったから」が1位となっているが、Wiiでは2位「家族とのコミュニケーションを増やす」、3位「新しいゲームの操作方法を体験する」、4位「健康促進ツールとして使用する」と、家族間のコミュニケーションツール的な意味合いが強いのに対して、PS3では、2位「映像美や映像の迫力を体験するため」、「ブルーレイが内蔵されているため」と、映像のクオリティに対するこだわりの強さがうかがえる結果となった。

【関連記事】
Wiiを遠隔健康指導サービスに利用する「Wii Fit からだチェックチャンネル」
利用してみたいネット端末1位は「テレビ」2位は「Wii」、変わるテレビの利用価値
ソニー、PS3ユーザー向け3D仮想空間サービス「Home」を公開
PS3向けゲーム内広告サービスの日本展開スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/25 16:05 https://markezine.jp/article/detail/7366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング