SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代男性社員の2人に1人がオフィスに「マイドリンク」を持参、不況下で増殖する“水筒男子”

 ミツカンは、20代から50代の会社員を対象にオフィスの飲料事情について5月に調査を行い、416件の回答を得た。オフィスで飲み物を飲むとき、最もよく使用されているのは「マグカップ・グラス」で、女性では49.9%、男性では31.3%がマイ容器として使用している。

オフィスで最もよく使用する容器(単一回答)(%)

 オフィスで飲まれているのは主に「お茶」と「コーヒー」がメインだが、市販のものを買うよりも、家庭やオフィスで用意しようという傾向が見られる。オフィスにマイボトルで飲み物を持参している人は全体の4割におよび、20代男性と40代女性では、2人に1人がオフィスにマイドリンクを持参している。

オフィスにマイボトルで飲み物を持参しているか(単一回答)(%)

 不況の影響からか、「この1年以内」にマイドリンクの持参を始めた人が多く、20代男性では4人に3人がこの時期にマイボトル派に転向。堅実な暮らしぶりが特徴といわれる最近の男子にとって「水筒男子」への転向は当然の発想といえそうだ。

 しかし、「マイドリンク持参」の理由には、「節約」「エコ」以外にもさまざま。「夏場でも温かいものを飲みたい」「できるだけカラダによいものを飲みたい」といった飲み物そのものへのニーズもあり、市販のペット飲料ではすくい取れない個人の多様な飲料摂取スタイルが「マイドリンク持参」を後押ししているようだ。

【関連記事】
レシピサイトの利用率は男性のほうが高い
男性7割が「自分は草食」、肉食女子は「頼りになる・つきあいたい」、
若者の旅行離れ、「恋人の有無」が影響
「景気後退でオフィス環境の悪化」を懸念する若手社会人は6割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/01 13:51 https://markezine.jp/article/detail/7696

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング