SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

2台目の端末には何を選ぶ?【モバイルリサーチ】


 モバイルソリューション事業などを展開するIMJモバイルは、モバイルの新サービスや新技術に対するモバイルユーザーの意識について調査しました。その結果、NTT docomoの「iコンシェル」や、GPSサービスといった新しいサービスの利用者が多く、今後も利用していきたいという意向が強いことが判明しました。【バックナンバーはこちらから!】

調査結果トピック

「iコンシェル」継続利用意向は約5割

 株式会社NTTドコモが2008年11月にサービスを開始した「iコンシェル」は約6割のドコモユーザーに認知され、約2割のユーザーに利用経験がありました。さらに、利用経験者の約5割に継続利用意向があり、未経験者(機能未搭載端末保有者を含む)の約2割に利用意向がある結果となりました。

GPS端末保有者の約6割が位置情報サービス利用経験あり

 GPSや基地局から得た位置情報に基づき提供されるサービス(位置情報サービス)の利用経験は、GPS機能搭載端末保有者が未保有者を大きく上回る結果となりました。今後GPS端末の普及がさらに進むにつれ、位置情報サービスの利用も増加することが推察されます。

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~49歳の携帯電話またはPHSを保有し、端末選定を自ら行った男女(※調査会社が保有する調査パネル)
  • 有効回答数:828サンプル
  • 調査日時:2009年6月5日~6月6日
  • 割付条件:「平成20年12月総務省全国男女別推計人口」の性年代別比率に基づき割付を行った
■性年代(n=828)
■性年代(n=828)
■居住地域(n=828)
■居住地域(n=828)
■職業(n=828)
■職業(n=828)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ケータイ2台以上保有率は15%、2台目ケータイはWILLCOMが24%で最多

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/08/28 13:07 https://markezine.jp/article/detail/7853

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング