SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

パート・アルバイトの「働く理由」、「趣味に使うお金がほしい」を抜いて「生活費を補いたい」が1位に

 「an」は、1年以内にアルバイト・パートとして就業した15~34歳の男女を対象に、「働く理由」「辞める理由」に関する意識調査を3月に実施し、2,931名から有効回答を得た。

 「働く理由」として最も多かったのは「生活費を補いたかった」で、次いで昨年3月に実施した調査で最多だった「趣味に使うお金が欲しかった」が続いている。前回調査の結果と比較すると、主な理由が軒並み数値を下げている中で、「生活費を補いたかった」が 0.7ポイントと微増。逆に「趣味に使うお金が欲しかった」「貯金を増やしたかった」の減少が大きくなっている。

パート・アルバイトの働く理由

 また、「辞める理由」については「店長や社員の人の雰囲気が悪いから」が昨年に続いて最多。次いで、「給与が低いから」「楽でない・疲れる仕事だから」が続いている。

【関連記事】
小中学生の定額給付金の使いみち1位は「貯金」
定額給付金は若者の3割が「貯金」、くれるなら「5万円」ほしい
学生アルバイトは「貯蓄のため」5割超える【学生アルバイトの実態調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/08/03 13:10 https://markezine.jp/article/detail/7976

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング