SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

20代から30代で貯蓄額に大きな変化、30代では3人に1人が「400万円以上」

 調査は、関東、関西、東海地域在住 22~39歳のビジネスパーソン1218人を対象に4月に行われた。貯蓄額を年代別に見ると、20代前半(22~24歳)では、「50万円未満」が45.2%と最も多く、100万円未満の人が60%以上なのに対し、20代後半(25~29歳)では、100万円未満の人は約40%、さらに30代前半では29.9%にまで減少。30代のおよそ3人に1人は400万円以上の貯蓄を有しているという結果になった。

年代別貯蓄額割合

 職種別に貯蓄額を比較すると、500万円以上貯蓄している人の割合が多いのは、「IT系エンジニア」「モノづくり系エンジニア」で、「企画/事務系」「営業系」「販売/サービス系」を上回っている。

職種別貯蓄額割合

 転職支援サービス登録者のデータを集計した職種別の平均年収を見ると、416万円(販売/サービス職)~482万円(ITエンジニア職)と70万円の差があるが、それがそのまま貯蓄額に比例しているわけではなさそうだ。同調査では、「しっかり貯めるエンジニア」と「ちゃっ かり使う営業職」という、職種ごとの性格がうかがえると分析している。

【関連記事】
小中学生の定額給付金の使いみち1位は「貯金」
高まる貯蓄熱の中、男性20代の4割が「貯蓄していない」
女性が結婚相手に求める年収、「500万円台」と「こだわらない」に二極化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/08/20 12:04 https://markezine.jp/article/detail/8104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング