SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

節約の反動? 「ちょっとした贅沢消費」をした人は9割
秋の大型連休予算はGWの3割増【電通総研調べ】

 調査は9月1日から2日に実施され、全国の学生を除く20~69歳の男女1000名の回答をもとに分析が行われた。

 秋の大型連休の過ごし方を、今春のゴールデンウィーク(GW)と比較すると、イエナカ(家の中)の過ごし方では「掃除や片付け、 衣替え」「TVやDVD視聴」「読書」などが大きく上回った。イエソト(家の外)の過ごし方でも、 「外食」「博物館、美術館などに行く」などの近場レジャー、遠方の「日帰り旅行、ドライブ・ツーリング」「温泉、リゾート施設などに行く」「海外旅行」において上回り、アクティブさを取り戻している。それにともない、秋の大型連休で使う予定の金額も増加しており、「GW並み」の4割を挟んで二極化。平均金額はGW比で3割増の3.7万円でとなっている。

秋の大型連休で使う予定の金額(世帯の総額)

 興味深いのは、リーマン・ショック1年後の消費についてのデータで、メリハリをつける消費が強まっていることが明らかになった。1年前と比べ、家計支出を減らしている人は、半分超から4割にまで減少。 一方、増やすところと減らすところのメリハリをつけている人は、5人に1人から4人に1人まで増加している。

家計の支出推移

 節約をすることを意識している人は9割強ながら、贅沢なお金の使い方をしたことがある人も9割弱に達しており、長引く不況への対応力を高めつつ、賢く節約した分は自分へのご褒美消費に使っている人が多いようだ。

日頃の節約のことを気にせずに、ちょっと贅沢なお金の使い方をしたことがどの程度あるか

【関連記事】
いつまでも「巣ごもり消費」じゃいられない、節約派も高齢者も「体に投資」
意外にも5月に多い「日帰り旅行」、予算は2万円が上限
節約・倹約につながるもの1位は「ポイントサービス」、20代・30代「不用品を売って稼ぐ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング