SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、1時間以内に更新されたページだけを検索可能に

 Googleの検索結果ページの上部にある「検索ツールを開く」をクリックすると、画面左側に「1時間以内」というリンクが表示される。これをクリックすると、1時間以内に更新されたページだけが検索結果として表示される。

「1時間以内」に更新されたページだけが表示される

 現在、Googleで検索対象としているウェブページの数は1兆を超えているが、1回検索するたびにその裏側では数千台のコンピュータが1兆のウェブページを並列に検索して、平均0.25秒で結果を返している。

 また、リアルタイム検索を行うため、Googleの検索ロボットはPageRank、ウェブページへのリンク数などさまざまな要因に基づいてクロール頻度を決定し、頻繁にクロールされるサイトであれば更新から数分で検索結果に反映されるようになるという。

【関連記事】
Google、Twitterのリアルタイム検索実現へ
BingでTwitterのリアルタイム検索が可能に
さっき書いた文章が、もう検索できる!米Google、ほぼリアルタイム・インデクシングを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/12 11:55 https://markezine.jp/article/detail/8829

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング