MarkeZine(マーケジン)

記事種別

VRI、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーが、ネット広告の視認効果に関する共同調査を実施

2007/03/16 10:30

 ビデオリサーチインタラクティブ(以下 VRI)、NTTレゾナントマイクロソフトヤフーの4社は、インターネット広告の視認効果に関する基準値の作成を目指して、共同調査を行うことを3月15日に発表した。

 発表された資料によると、広告関連団体が2006年に行った広告主へのアンケートでは、約6割の企業が「効果検証のためのわかりやすい指標が必要」と回答しているという。今回の調査は、クリック率やコンバージョン率などのレスポンス効果の指標だけでなく、広告注目率、クリエイティブに対する評価、広告接触による認知効果などに関する基準値を作成するために行われる。

 共同調査はVRI監修によって、NTTレゾナントの「goo」、マイクロソフトの「Windows Live」と「MSN」、ヤフーの「Yahoo! JAPAN」に掲載される広告を対象として年間50件ほど実施する。調査開始は3月中旬で、2007年度内に調査結果を発表する予定。作成した基準値は、指標として利用するだけでなく、ネット広告と他の媒体を組み合わせた複合的なメディアプラニングのための基礎データとしても広く活用するという。

プレスリリース:「VRI、goo、マイクロソフト、Yahoo!JAPAN、インターネット広告の視認効果に関する基準値の作成に着手」 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5