SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

VRI、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーが、ネット広告の視認効果に関する共同調査を実施

 ビデオリサーチインタラクティブ(以下 VRI)、NTTレゾナントマイクロソフトヤフーの4社は、インターネット広告の視認効果に関する基準値の作成を目指して、共同調査を行うことを3月15日に発表した。

 発表された資料によると、広告関連団体が2006年に行った広告主へのアンケートでは、約6割の企業が「効果検証のためのわかりやすい指標が必要」と回答しているという。今回の調査は、クリック率やコンバージョン率などのレスポンス効果の指標だけでなく、広告注目率、クリエイティブに対する評価、広告接触による認知効果などに関する基準値を作成するために行われる。

 共同調査はVRI監修によって、NTTレゾナントの「goo」、マイクロソフトの「Windows Live」と「MSN」、ヤフーの「Yahoo! JAPAN」に掲載される広告を対象として年間50件ほど実施する。調査開始は3月中旬で、2007年度内に調査結果を発表する予定。作成した基準値は、指標として利用するだけでなく、ネット広告と他の媒体を組み合わせた複合的なメディアプラニングのための基礎データとしても広く活用するという。

プレスリリース:「VRI、goo、マイクロソフト、Yahoo!JAPAN、インターネット広告の視認効果に関する基準値の作成に着手」 (PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:40 https://markezine.jp/article/detail/911

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング