SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

広告効果最大化のポイントとなる広告到達回数は12回

 今回の調査では、インターネット広告の広告到達者の30.3%が広告を認知し、広告認知者の63.6%が広告内容を理解。さらに、広告認知率が50%を獲得すると、広告到達者における広告商品の購入利用/意向は1.21倍となることがわかった。

インターネット広告認知率とブランディング効果の関係

 広告到達者のメッセージ理解は広告非到達者の1.23倍、広告商品の購入/利用意向は1.14倍に増加しており、同調査では、広告効果最大化のポイントとなる広告到達回数は12回としている。また、2000万インプレッション出稿時の広告認知者数は224万人、商品購入/利用喚起者数は66万人となっている。

 同調査では、広告サイズの拡大/リッチ化の進行によって、広告認知/広告内容の理解度/広告への好意度が上昇しており、インターネット広告効果は拡大傾向にあると分析している。

【関連記事】
ギネスが「最も視聴回数の多いオンライン広告」に認定した「エビアン」の広告動画
新聞広告とネット広告は補完可能?根強いネット広告への不信感
英国でオンライン広告費がテレビをうわまわり、最大のメディアに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/14 13:26 https://markezine.jp/article/detail/9112

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング