SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新聞系ニュースサイトの有料サービスは根付くのか?
「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」正式公開

 「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」は、Wall Street Journalが誇る世界各地の記者や編集者らによる記事を厳選して、日本版編集チームが翻訳して紹介するニュースサイト。カテゴリーは米国、金融・マーケット、ビジネス・企業、IT、経済、国内、ライフスタイルから、オピニオン、マーケットデータ、週刊金融専門誌「Barron’s」の抜粋記事まで幅広い。

 無料で見られる記事もあるが、購読料は1か月1,980円、6か月で9,960円、年間購読料は16,560円となっている。

【関連記事】
「ウォール・ストリート・ジャーナル」プロフェッショナル版、11月に企業向けサービス
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版を年内開設、SBIとダウ・ジョーンズが合弁会社設立
産経新聞グループの総合経済情報サイト「SankeiBiz」オープン
毎日新聞と共同通信が提携、取材・営業体制を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/16 10:45 https://markezine.jp/article/detail/9133

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング