SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年の食卓は「もやし」と「カレー」で乗り切った!
【主婦が振り返る2009年】

「もやし」と「カレー」で乗り切った今年の食卓

 主婦を対象とした携帯サービス「シュフモ」は、11月にサイト利用者を対象として、今年1年を振り返るアンケートを行い、4072名から回答を得た。野菜の高騰で献立作りに頭を悩ませることもあった2009年。主婦の強い味方となった野菜として8割の人が「もやし」と回答。今年の食卓では、もやしが脇役から主役に昇進したようだ。

野菜が高騰したときにに家計にやさしい「主婦の強い味方」となった野菜

 また、今年最も食卓に並んだメニューの上位は以下のとおりで、「カレー」が1位となった。カレーをよく作る理由としては、「簡単」「安くすむ」「作り置きできる」「家族が好きだから」が多い。また、もやし料理も4位に食い込む勢いを見せている。

1位 「カレー」 19.0%
2位 「野菜炒め」 6.8%
3位 「鍋料理」 6.2%
4位 「もやし料理」5.9%

今年買った人気商品「特にない」35%

 節約対策としては、衣類の購入を控える・安い衣類を買う、外食を控える、わけあり品や見切り品を利用した人が多く、「なにも節約していない」という人は、全体の4%にとどまった。

 そんな中、今年は「エコカー減税対象車」「ユニクロのヒートテック」「タジン鍋」「アルコール0%ビール」「ハイボール」など、さまざまな分野で人気商品やブームが生まれたが、全体の35%の人は「特に人気商品を買っていない」と回答。現状を見極め、簡単にはブームに乗らない冷静な判断がかいまみえる。 

今年買った人気商品

 また「値下がりしてほしい日用品」として、「トイレットペーパー」を押さえて、「シャンプー・リンスなどのヘアケア用品」が1位となった。

【関連記事】
男性で自炊率より高い「カレー自作率」
ひと月の家計費は平均3万円減、家計簿は必需品に
携帯チラシサイトと家計簿を最も利用しているのは20代主婦、「底値表」も活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング