MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2009年検索キーワードランキング発表!(マーケギア調べ)

今回は、マーケギアの一部機能(キーワードアドバイス機能)を利用して、2009年に頻繁に検索されたキーワードを、年間ランキング、月別急上昇ランキングなど、複数の切り口で振り返ってみたいと思います。  

2009年の検索キーワードランキング

 はじめまして。NTTデータキュビットの平山と申します。この連載では、弊社がご提供させていただいているWebマーケティングのための総合支援ツール「マーケギア」を利用した、マーケティングデータの活用事例や、その他SEM(検索エンジンマーケティング)における様々な調査結果を面白楽しく解説していきたいと考えております。

 さて、第一回目の今回は、マーケギアの2009年1月~12月分のデータを利用して集計した「2009年検索キーワードランキング」の発表をしてみたいと思います。

ランキングの前に…マーケギアとは何?

 弊社、NTTデータキュビットが提供する「マーケギア」とは、日本国内の100万人ユーザが協力した「インターネット視聴率」の調査結果をご提供する、Webマーケティングのための総合支援サービスです。

 例えば、「あのサイトはどれぐらいのアクセス数があるのか?」を知りたい時や「検索エンジンからあのサイトを訪問する人達が検索するキーワードは何だろう?」など、Webマーケティング戦略を立案する際には、強力なサポートツールとなります。(マーケギアの詳細はこちらをご覧下さい。)

 今回は、「マーケギア」の一部機能(キーワードアドバイス機能)を利用して、2009年に頻繁に検索されたキーワードを、年間ランキング、月別急上昇ランキングなど、複数の切り口で振り返ってみたいと思います。

2009年キーワード検索回数 年間TOP10

 さっそく、2009年の最も検索されたキーワードランキングの発表です!

順位 検索キーワード(※1) 検索回数(※2)
第1位 YouTube 199,700,000回
第2位 mixi 169,210,000回
第3位 楽天 87,520,000回
第4位 Yahoo 77,110,000回
第5位 ユーチューブ 65,710,000回
第6位 2ちゃんねる 45,600,000回
第7位 郵便番号 38,310,000回
第8位 JAL 38,230,000回
第9位 ANA 37,730,000回
第10位 アマゾン 37,300,000回
※1国内主要検索エンジンにて、検索されたキーワードの上位10キーワード(完全一致)です。
※2国内で2009年1月から12月までで検索された回数(推定値)となります。

 やはり2009年も、動画やコミュニティサイト、ポータルサイトを検索するキーワードが上位を占めていました。第7位の「郵便番号」だけは、唯一サービス利用が目的ではない、調べ物系のキーワードでした。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5