SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

“キーワード思考”でWebビジネスを成功に導く!

飽和状態のアフィリエイトサイト
一歩抜け出し儲かるサイトを作るには?


 前回は、キーワード調査ツール「キーワードウォッチャー」の機能詳細を解説した。今回はアフィリエイターの方を対象にキーワードウォッチャーを活用し、キーワードから考えるサイトの設計方法について伝授していく。小手先のテクニックではなく、検索キーワードからの流入を考えたサイトを設計することで、飽和状態の現状から一歩抜け出すヒントになれば幸いである。

成熟するアフィリエイト市場の中で儲けるサイトを作るには

 2000年前後を境に個人の副業として爆発的な人気を呼んだアフィリエイトだが、当時のブームは過ぎ去りアフィリエイトサイトの多くは、いま激しい競争にさらされている。作れば儲かる時代は終わり、誰に向けてどんなサイトを作るのかをキチンと設計しないと、ネット上のスパムと見なされるのが関の山だ。

 しかし「誰に向けてどんなサイトを作るのか」をキチンと設計しても、儲かるとは言いきれない。ネット上には無数のサイトがあるため「作ってもそのサイトを誰も知らない」という状態に陥る可能性が大きい。

 人を呼ぶための手段としては、Google AdWords(Google アドワーズ)やYahoo!JAPAN リスティングのようなリスティング(検索連動型広告)に出稿してみるのが定石だ。しかし、当然のことながら1クリックごとの費用、いわゆるCPC(Cost Per Click)が発生することになる。

 そのため、ネット上の“玄関”となりつつある、検索エンジンから来訪してもらうためにはどうすべきかをまず考えることが必要となってくる。つまり、単純にアフィリエイトサイトを作るのではなく、「どんな検索キーワードにニーズがあるのか(よく検索されるのか)」という視点でキーワードの選定をしてからサイトを設計していくことが必要となってくる。

 キーワード選定は、『大手ポータルサイトの検索クエリが下1桁までわかる! キーワード調査の新定番ツール 「キーワードウォッチャー」徹底解剖』でも解説している通り、「キーワードアドバイスツール」はサポートが終了し、Google AdWordsの「キーワードツール」しか頼る術が無くなっている。しかし、Google AdWordsの「キーワードツール」は、数千単位でのクエリ(検索)結果しか表示されず、ザックリとした数字しか分からないのが現状である。そこで、オススメしたいのが、「キーワードウォッチャー」というサービスだ。

 いまだけの特典!通常有料の「ライトプラン」を無料で利用できるキャンペーンを2010年1月末まで実施中!詳細はキーワードウォッチャー

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
費用対効果がよくボリュームも取れるキーワードを見つけるためには…

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
“キーワード思考”でWebビジネスを成功に導く!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

池永 尚史(イケナガ ヒサシ)

 1979年生まれ。CGMブログ・メディアを展開するベンチャー企業、インターネットサービス系企業を経て独立。2010年3月より株式会社ノイズ代表取締役。 ■ 著書・ 稼ぐアフィリエイターはブログが違う!(技術評論社刊)・  ドロップシッピングスタートブック(技術評論社刊)■ 連...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/25 16:15 https://markezine.jp/article/detail/9351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング