MarkeZine(マーケジン)

記事種別

飽和状態のアフィリエイトサイト
一歩抜け出し儲かるサイトを作るには?

2010/01/25 15:00

 前回は、キーワード調査ツール「キーワードウォッチャー」の機能詳細を解説した。今回はアフィリエイターの方を対象にキーワードウォッチャーを活用し、キーワードから考えるサイトの設計方法について伝授していく。小手先のテクニックではなく、検索キーワードからの流入を考えたサイトを設計することで、飽和状態の現状から一歩抜け出すヒントになれば幸いである。

成熟するアフィリエイト市場の中で儲けるサイトを作るには

 2000年前後を境に個人の副業として爆発的な人気を呼んだアフィリエイトだが、当時のブームは過ぎ去りアフィリエイトサイトの多くは、いま激しい競争にさらされている。作れば儲かる時代は終わり、誰に向けてどんなサイトを作るのかをキチンと設計しないと、ネット上のスパムと見なされるのが関の山だ。

 しかし「誰に向けてどんなサイトを作るのか」をキチンと設計しても、儲かるとは言いきれない。ネット上には無数のサイトがあるため「作ってもそのサイトを誰も知らない」という状態に陥る可能性が大きい。

 人を呼ぶための手段としては、Google AdWords(Google アドワーズ)やYahoo!JAPAN リスティングのようなリスティング(検索連動型広告)に出稿してみるのが定石だ。しかし、当然のことながら1クリックごとの費用、いわゆるCPC(Cost Per Click)が発生することになる。

 そのため、ネット上の“玄関”となりつつある、検索エンジンから来訪してもらうためにはどうすべきかをまず考えることが必要となってくる。つまり、単純にアフィリエイトサイトを作るのではなく、「どんな検索キーワードにニーズがあるのか(よく検索されるのか)」という視点でキーワードの選定をしてからサイトを設計していくことが必要となってくる。

 キーワード選定は、『大手ポータルサイトの検索クエリが下1桁までわかる! キーワード調査の新定番ツール 「キーワードウォッチャー」徹底解剖』でも解説している通り、「キーワードアドバイスツール」はサポートが終了し、Google AdWordsの「キーワードツール」しか頼る術が無くなっている。しかし、Google AdWordsの「キーワードツール」は、数千単位でのクエリ(検索)結果しか表示されず、ザックリとした数字しか分からないのが現状である。そこで、オススメしたいのが、「キーワードウォッチャー」というサービスだ。

 いまだけの特典!通常有料の「ライトプラン」を無料で利用できるキャンペーンを2010年1月末まで実施中!詳細はキーワードウォッチャー

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5